Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [世界のまんなか イエスかノーか半分か2]

Interview
都築 潮/川原慶久さん 国江田 計/阿部 敦さん
皆川竜起/江口拓也さん

※本インタビューには作品のネタバレが含まれますので、ご注意ください。


Question01 収録を終えてのご感想をお願いします。
川原さん 「今回は潮の内面に触れる部分が多かったので、いつもクールな面が際立っているところもあったんですが、今回はとても計に対する愛情が深まったり、ちょっとやきもちをやいたりヤキモキしたりとか、そういう潮の内面が前よりも描かれていたので、キャラクターとしての潮がさらに好きになりました。ストーリーに関しては、計がもう全編を通じてあまりの可愛らしさで身もだえしそうになりまして、全てのシーンを皆さんに聞いて頂きたいなと思います」
阿部さん 「計のキャラクターはやっぱり二面性が僕的にも聞いて下さっている方にとっても特徴的な部分なんだと思いますが、計は極端ですけど、誰しも二面性ってあるもので。計は素の部分も素になりきれないというか、虚勢をはっちゃってひた隠しにしてるな〜というのが僕の印象としてはありまして。その強がっちゃうところ…強がってしまって誰にもSOSを出せずにいるというのが「あ〜分かる分かる」って皆さんの共感を得る部分なのかなと思います。やっぱり一人で自分の中でウダウダしちゃって空回りして…というのは誰しも経験があることなんじゃないかと思いますし、そういう部分が印象に残りましたね。あと木崎と話すところとか、出てくるキャラクターが全員いい味を出していて、どこかしら計の生き方に引っかかるキャラクターが多かったので、錦戸さん、麻生さん、楢山君もそうだし、各シーン各シーン面白かったなという印象です」
江口さん 「今回続編から参加させて頂いたんですけれども、僕が演じる皆川は主に飲みの場で(笑)活躍するキャラクターといいますか、主人公二人のある意味箸休めできるような場所…良き友人というか相談役というか、そういう感じの立ち位置でやらせて頂きまして。気軽に相談できる、何でか分からないけどこいつには言えちゃうなみたいな雰囲気が出ればいいなと思いながら演じさせて頂きました。最近はご時世的にもなかなか飲み会ができない状況なので、久しぶりに楽しい雰囲気を味わわせて頂きました。」

Question02 作品中、印象に残ったシーンや聞いて欲しいシーン、聞き所などありましたらお聞かせください。
川原さん 「これだけは言えることはどのシーンでも計が可愛いです。阿部敦すげえなっていうのを今回本当に感じさせられましたね」
阿部さん 「(笑)」
川原さん 「とにもかくにも各シーンを収録した後に、思わず素の川原慶久の感想として「可愛いな〜」と何度言ったか分からないくらい、阿部敦が、いや国江田計が可愛かったです。あと一穂先生の作品の面白さの一つとして職業物としてのリアリティーがあると思うんです。阿部君も言ってましたが、麻生さんや錦戸さんや設楽さんであったり、色んな方々と仕事のプロとしての会話を交えているシーンが自分達が声優ということもあるんでしょうけれども、似ているようで遠い、同じプロフェッションナルの仕事をやっている人間として共感できる部分もあったり、こういうところで悩むんだという発見があったり、仕事の各シーンでとても面白くて気持ちが動かされましたね。特に設楽さんが普段飄々としているのに、本質を突いたような鋭い視点を持っているところが大好きで、そういう意味では設楽さんのシーンもぜひお楽しみ頂ければと思います」
阿部さん 「演じていて聞いてほしいなと思うのは、火事の中継シーンですかね。みんなの切羽詰まった感じや、計の頑張り、粘り、やってやるんだという想いだったりとか、新人アナウンサーのいっぱいいっぱいになっているところとか。それぞれのプロの生き様や仕事ぶりが出たシーンだと思うので、そこはぜひ楽しんで聞いて頂きたいです。あと今回(CDでは)初登場の麻生さん! 麻生さんに昼飯行こうよって言われて行ったところは、個人的に「うわヒりつくな〜このシーン」と思って。麻生さんがまた食えないんですよね。設楽さんとはまた違う感じの食えなさがあって。あの人こそ本性を全然見せない、でも手練手管というかすごく色んな技術を持っていて。そういうところがすごく垣間見えるすごい方だな〜と。麻生さんとの会話は火事のシーンとは違う緊張感があるなと思いました」
江口さん 「皆川の「本気度とか努力が必ずしも結果と結びつくわけじゃないって、三回合コンに出たら悟れますよ。だから合コン行きましょうよ」っていう言葉に彼の力強さを感じましたね。三回だけで諦めてんじゃねえよと、本気度とか努力が報われないのは当たり前だと。それでも前に進むのが人間であるという素晴らしいメッセージを感じ取りましたね。
あと、芸人のシーンは印象に残っちゃいましたね。僕自身は関西出身ではないので、関西弁は使えないんですけれども、使えないなりにいい感じにやらせて頂いて。所々先生にご指導頂きながらやらせて頂きました。そんな雰囲気が出せていたらいいなと思います。」
※江口さんは12月上旬発売予定「イエスかノーか読本 Color Bar」(新書館刊行)のふろく録り下ろしドラマCD「ぼくの太陽」で芸人1を演じて下さっています。

Question03 共演のご感想をお願いします。
川原さん 「阿部敦すげえな、阿部敦可愛いなというところもあるんですけど、国江田計君の二面性を表現する時の、アナウンサーとしての表の顔の出し方と、感情を爆発させた時の計君の表情であったりとか。ちょっと自分が不安に感じているところの表現であったりとか、仕事に自信がなくなってきて、だんだん追い詰められていく切迫感というか、そういうところを全て含めて、本当に一人の人間がそこにいるんですよね。そういうのを間近で見ると『これこそが阿部敦だ!』と」
阿部さん 「(笑)」
川原さん 「表現しづらいんですが、一人の人間の振れ幅というものを表現できる阿部君の強さというものを感じさせられて、一緒にやっていて本当に楽しいです。最高の男だと思います」
阿部さん 「(笑)。川原さんとここまでがっつり組むのは色んな作品を通しても久しぶりなんですけれども、やっぱり計君は我儘ですから、それをどっしりと受け止めてくれる都築潮というキャラクターがいないとこの作品は成り立たないと思います。その潮を演じられる川原さんの低音で落ち着いた、しっかりどっしり受け止めてくれるお芝居というのがあって、この『世界のまんなか イエスかノーか半分か2』の半分はできていると思います。もう半分は僕も頑張ってますので(笑)」
川原さん 「いやいや、君が頑張ってるよ!」
阿部さん 「(笑)。やっぱり二人のキャラクターというか差し引きというか、プラスマイナス、色んな二人の属性がいい具合に混ざって一つの作品になっていると思うので、お互い頑張ったなと(笑)」

Question04 ファンの方への一言をお願いします。
川原さん 「本当に作品の世界が続いていくのって、聞いて下さっている皆様、読んで下さっている皆様のおかげだと感じる部分がすごく大きいです。魅力的な彼らにまた出会えるように、皆さんと一緒にこの作品の世界を応援していけたらいいなと思っています。またお会いしましょうね」
阿部さん 「『イエスかノーか半分か1』から聞いて下さっている方が多いと思うんですけど、2からの方もいるかな? そしてなんとアニメーションになります! 本当に『イエスかノーか半分か』の世界が色々広がっております。個人的には続編もやりたいなと思っておりますので、ぜひ皆さんと一緒に楽しんで、また別のバージョンでもお目にかかれたら嬉しいなと思っています。ぜひ楽しんで下さい!」
江口さん 「僕は今回からの参加になるんですが、ご時世的に一人で収録させて頂きまして、(阿部さん・川原さんの)お二人と一緒にはできなかったんですけれども、僕なりに作品の雰囲気や皆川のキャラクター性というか、一体どういう人なんだろうなと考えながら、思いを託しながら演じさせて頂きました。皆さんがお聞きになられる頃にはいい感じにミックスされて届いていると思いますし、その時にうまい具合にこの作品のメンバーの一員になれていたらいいなと思います。
今後どんな感じに進んでいくのか分かりませんが、またこのキャラクターを演じられるように自分の中でより一層固めておきたいと思いますので、引き続き宜しくお願い致します。」


▲ 上に戻る