Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [こんなの運命じゃないから勘違いしないで(上)]

Interview
佐江城銀河/中島ヨシキさん 桐ヶ谷悠然/中澤まさともさん 数又光悦/興津和幸さん

※本インタビューには作品のネタバレが含まれますので、ご注意ください。


Question01 収録を終えてのご感想をお願いします。
中澤さん 「収録を終えまして、まずは中島君と興津さんと三人でがっつりやれたのがすごく楽しかったです。
僕の演じる悠然はもともとはαだったのにΩまで落ちてしまって、すごい不遇な立場にいるんですけれども、彼の持っているポジティブな部分と根は優しい部分が作用して、前向きに自分の新しい生活を受け入れ始めたりして、そこには銀河と光悦の助けというのが何よりも大きくて。あまり暗くなりすぎずにこの作品全体を演じられたと思います。すごく楽しかったです」
興津さん 「とても楽しい収録でした。光悦君は物腰柔らかな優等生風なんですけれども、漫画を読んでいるとすごい表情をしている
シーンが多々ありまして(笑)、そこのバランスを一生懸命取りながら演じさせて頂きました。ぜひ聞いてほしいです!」
中島さん 「銀河は原作を読ませて頂いた時に受ける雰囲気がとても可愛らしくて、作中だと一応攻という立場ではあるんですけれど、
ともすれば(受っぽい)そういう可愛らしさもあるなと思いながら、自分の中のあざとさを総動員して」
興津さん 「あざとかったです(笑)!」
中島さん 「ありがとうございます(笑)。
ワンワン系で、台詞になってない悲鳴とかも原作から拾わせてもらいながら演じたりして。特徴的な悲鳴とか」
興津さん 「ぴにゃぴー(笑)」
中澤さん 「(笑)」
中島さん 「そういうのが可愛さに繋がっていればいいなと思います」

Question02 作品中、印象に残ったシーンや聞いて欲しいシーン、聞き所などありましたらお聞かせください。
中澤さん 「悠然と銀河が仲良くしていて、他の学生達が「あの二人つきあってるんじゃない」と噂をしているところにやってきた光悦の台詞で『心の奥がじゅぷじゅぷするだけ』っていうのが僕の中でベストヒットですね」
全員 「(笑)」
中澤さん 「この台詞の中に彼の嫉妬と愛情とかこいつら可愛いとか…色んな感情が全部詰まっているなと」
興津さん 「希望も詰まってますよ!」
中澤さん 「怖いなと思いました(笑)」
興津さん 「僕が印象に残っているのは、銀河君がワンワン言い始めたらどんどん可愛くなっていくのがとても印象的でしたね」
中島さん 「ありがとうございます」
興津さん 「横で聞いてて可愛いな〜と思いながら演じておりました。銀河のワンコっぷりがおすすめです」
中島さん 「特典トークでもお話したんですが、キャラクターの小さい頃も我々がやらせて頂いているのがCDならではの聞き所かなと思います。特に光悦はちっちゃい頃は完全に女の子だと勘違いされるくらいの可愛らしさで、美少女然としたね」
興津さん 「美少女の興津です!」
全員 「(笑)」
中島さん 「そこをぜひ聞いて頂きたいと思います(笑)」
興津さん 「ぜひ聞いて下さい(笑)」

Question03 共演のご感想をお願いします。
中澤さん 「勝手知ったる感もありつつ、頼りにさせて頂いたり、息をあわせたり、呼吸をあわせたり、体をあわせたり(笑)」
中島さん 「うん」
興津さん 「なんでそこだけうんって言った(笑)?」
全員 「(爆笑)」
中澤さん 「そこだけうんって言うな(笑)。でも本当に楽しくテンポよく演じさせて頂きました」
興津さん 「本当に三人だけの空間で、マイクを三本立てて、二人きりというのはよくありますけれども、本当に三人きりで録れたのが逆によかったなと思いました。三人だけの濃厚な時間を過ごせてとても楽しかったです。みんな追い出してね(笑)」
中島さん 「追い出して(笑)」
興津さん 「誰もいない」
中澤さん 「誰もいないね」
興津さん 「こういう状況下じゃないとこういう収録にはならないので」
中澤さん 「確かに」
興津さん 「集中してできてよかったです」
※コロナ感染症対策のため、収録はリモートで行い、スタジオにはお三方だけでした。
中島さん 「二人が仰ったままでございます(笑)」
興津さん 「終わりかい!」
中澤さん 「(笑)」
中島さん 「僕からしたらお二方とも手練れの先輩なので、何も心配することなく、胸を借りるつもりでやらせて頂きました。
悠然は特にですが、三人ともそれなりに分量がある中で、示し合わせるところは示し合わせて、すごくスムーズに収録できたのでよかったです。すごくいい作品になっていると思います。僕はただただワンワン言ってただけなので(笑)」
中澤さん 「(笑)」
興津さん 「ワンワン可愛かったよ!」
中島さん 「ありがとうございます(笑)」

Question04 ファンの方への一言をお願いします。
中澤さん 「このインタビューをご覧下さっている皆さんはきっとCDをご購入頂いていると思います。
この原作のまずは上巻を楽しく演じさせて頂きました。悠然の運命の番がはたしてどちらなのかなど色々謎もあります」
興津さん 「俺だ俺だー(笑)!」
中島さん 「俺だ俺だー(笑)!」
中澤さん 「どっちかな〜、どっちだろうな〜(笑)?」
興津さん 「俺達だ!!」
中澤さん 「そういうパターンもあるかもしれません(笑)。原作は下巻もございますし、そちらをご覧になって、もしかしたら出るかもしれないドラマCDの下巻も楽しみにして頂けたらと思います。まずは原作の上巻をお楽しみ頂いて、あわせてこのCDも楽しんで頂けたらと思います。ありがとうございました!」
興津さん 「僕はヤンデレを演じました」
中島さん 「(笑)」
興津さん 「中島ヨシキ君はワンワンを演じました。そして中澤まさとも君は弄ばれました(笑)」
全員 「(爆笑)」
興津さん 「とっても素敵なトライアングルが出来上がっていると思いますので、ぜひともこの作品『こんなの運命じゃないから勘違いしないで(上)』宜しくお願い致します。そして下をお楽しみに!」
中島さん 「僕がかかわらせて頂いたオメガバース作品って、どうしても仄暗いというか、設定上暴力であったりというのが付き纏ってくる作品が多くて。この作品にもあるにはあったんですけど、それよりもポップで面白いところとか、演じていてすごく明るい気持ちになれるシーンが多くて、収録がまわっていないところでも三人で楽しく話しながらやらせて頂きました。そういう楽しい空気が伝わっていればいいなと思います。三人の仲のよさだったりとか、本当に仲いいのかこいつら(笑)みたいなところとか」
全員 「(笑)」
興津さん 「水を差すな(笑)」
中島さん 「違う違う作中のね(笑)! 作中の三人の関係がどうなのかとか、愛情もあるけど欲望もあってみたいな、ちょっとアンバランスな、少し不気味なところもあったりして…それが下巻でどうなるのか、どうラストスパートを迎えるのかというところも楽しみにして頂けたらと思います」


▲ 上に戻る