Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [イエスかノーか半分か]

Interview
都築 潮:川原慶久さん / 国江田 計:阿部 敦さん / 皆川竜起:木村良平さん

Question01 収録を終えてのご感想をお願いします。
阿部さん 「ボリューミーでしたねー(笑)」
全員 「(笑)」
阿部さん 「でもボリュームだけじゃなくて、役を作り上げるという部分でも
非常にエネルギーや集中力を使いまして、大変だったんですけど、すごくやりがいがありましたね。
オンオフの激しい、裏表のあるキャラクターだったので、その辺もやりがいがあって、演じていてすごく楽しかったです」
木村さん 「僕は後半からの参戦だったんですけれども、すでにある程度できあがっている二人に絡んでいくという立ち位置だったんですが、
(竜起は)気持ちのいい男だったので、演じた後の後腐れもあんまりなく、楽しかったですね」
川原さん 「都築を演じながら感じたのが、人って、真面目さや何かに打ち込む集中力とか色んなものを外した時に、どこか甘える部分だったり、
人に見せられない裏の部分を見せられる人を見つけたりという…そんな物語の過程がすごく面白いと思いましたね。
そういう一本芯の通ったところが演じていてとても楽しかったです。
キャラクター同士の心が打ち解けあってからの変化であったり、全てひっくるめて、登場した全部のキャラクターが好きになる、
ある意味稀有な作品だったなと思います」

Question02 作品中、印象に残ったシーンや聞いて欲しいシーン、聞き所などありましたらお聞かせください。
阿部さん 「皆さんには伝わっていないかもしれませんが、ディスク1の本当に最後の最後、『The News』の収録が始まって、
計の『こんばんは』という一言で1枚目が終わっていると思うんですが、台本ではその『こんばんは』の上に
【今世紀最高の笑顔で】って書いてあったんですよ」
全員 「(笑)」
阿部さん 「百年に一度の最高の笑顔を見せるのは難しいなと思いながらやらせて頂いたんですけれども(笑)」
スタッフ 「伝わっていましたよ!」
阿部さん 「今世紀最高の笑顔できたかなぁ? と。せめて今世紀五番目くらいの笑顔ができていたらいいなと思ったんですが」
木村さん 「今世紀最高の笑顔だったよ!」
川原さん 「最高だった!」
木村さん 「伝わってきたよ!」
阿部さん 「二人がそう言うならそうだわ(笑)。今世紀最高の笑顔出せました(笑)」
全員 「(笑)」
木村さん 「僕はなかなかBL作品にかかわることが少なかったものですから、男性を押し倒したことがなくて」
全員 「(笑)」
木村さん 「そのシーンが印象深かったですね」
スタッフ 「演じられてみていかがでしたか?」
木村さん 「キャラクターが恋しててくれれば芝居なので関係ないんだなと思いました」
川原さん 「好きなシーンが色々あってどれか一つを選ぶのが難しいんですが、
物語として一番好きなのは、ディスク1の最後の計が本当のピンチに陥った時、自分の力でその山に立ち向かっているところですね。
よくある物語だと、ピンチの時に恋人が駆けつけて心の支えになって…みたいな流れだと思うんですが、
普段お前がやっていることをやれば大丈夫だよ、という一言だけで、計は見事にその山を乗り切るんですね。
BLとかジャンルを抜きにしてとてもいい物語だなと感じましたね。そしてそのシーンのべしさん(阿部さん)の演技がね!」
阿部さん 「(笑)」
川原さん 「ピンチを見事に切り抜けた計の最高の笑顔を『こんばんは』の台詞から感じて頂けたらいいなと思いますね」
阿部さん 「今世紀最高だったよね?」
川原さん 「最高だったよ! 他にも色んなキャラクターの別の側面が見えるシーンはどれも好きですね。
それこそ設楽さんが実はハイエナみたいな男じゃなくて、本当は心から自分のかかわっている番組を愛しているプロデューサーだって分かるシーンだったり」
阿部さん 「うんうん」
川原さん 「竜起が実はチャラチャラしてるだけじゃなくて」
木村さん 「へっへっへ(笑)。たちゅきね(笑)」
川原さん 「(笑)。そう、たちゅきが実は陰で努力していたりね。
そういうキャラクターの深みがどんどん出てくる、お出汁のような話の流れがとても好きでしたね。
なので最初から最後まで、このシーンがというこだわりなしに全部を楽しんで頂ければと思います」

Question03 共演のご感想をお願いします。
阿部さん 「川原さんとは色んな作品で共演させて頂いてるんですが、BLで絡みありという作品では初めてでしたね。
やっぱりドラマCDという性質上、会話で物語が進んでいきますので、非常に密なやりとりをディスク2枚に渡ってやらせて頂きました。
そしてそこに茶々を入れてくるたちゅきね(笑)」
木村さん 「(笑)」
阿部さん 「たちゅきは今ピースしてますけど(笑)。
そんないい具合のスパイスが加わって、化学反応みたいなものが随所随所で起こっていて面白かったなと思います」
※ここで竜起役の木村さんがピースをされていました(笑)。
木村さん 「熟練のBL技術を見させて頂きまして」
川原さん 「コラ(笑)」
阿部さん 「(笑)」
木村さん 「大変勉強になりました。とっても楽しかったです」
川原さん 「止めろよー!(笑)」
木村さん 「ホントにホントに。すごくためになりました! 面白かったです」
阿部さん 「(笑)」
川原さん 「べしさん(阿部さん)が言っていることが全てですね。普通のアニメの尺だったらお互いそこまで密に会話を重ねていくこともない中で、
ディスク2枚に渡る、たちゅきだったらたちゅきの、計だったら計の、それぞれの人に対する想いというのが出てきて。
この二人だからこそこういう空気感なんだなと思って。とっても面白いキャスティングだったなと思いましたね。大好きです、みんな」
全員 「(笑)」

Question04 ファンの方への一言をお願いします。
阿部さん 「誰でも裏の顔と表の顔を使い分けているところはあると思うんです。
それがすごく極端なのが計で、ただ極端なだけで、誰しもがすごく共感できる部分があると思います。
本当の顔を出す怖さや、計が実は臆病だったり、そんな計の心の壁を壊してくれた都築だったりとか、
計に好意を向けてくれるたちゅきだったり、登場人物達とのかかわりや色んな部分で非常に共感を得られる作品だと思いますので、
楽しんで頂ければと思います」
木村さん 「聞いていてもやっていても、すごく密度の濃い人間ドラマだなと思いましたね。アニメーションで絵があるとのはまた違う、
声と音だけでやっている分、感情線であったりとかコミュニケーションの取り方とか、より音になって密に迫ってくるような…
少なくとも僕は皆さんの芝居を聞いていてそう感じましたし、そこに乗っかれるといいなと思ってやっていました。
その上で、巻末のトークなんかをしている時に、(阿部さんと川原さん)お二人のお話を聞いて思ったんですけど、
男性同士の恋愛という意味で、なかなか身近じゃない人もいらっしゃるかもしれないんですが、そういうのは関係なく、
それぞれのキャラクターに共感できる部分が強烈ににじみ出ているような気がしましたね。
客観的なドラマとして楽しんで頂いて、更に『あーこいつ、やっぱ分かるな〜』と思いながら、
また改めて聞いて頂くと違った楽しみがあると思います。
ボリュームもたっぷりでお得だと思いますので、聞いて頂けると嬉しいなと思います」
川原さん 「お二人が本当に素敵なお話をして下さったのでもはや何を言っても蛇足にしかならないんですが、たまに忘れてしまいがちな、
人との繋がりって積み重ねなんだなということをとても感じさせてくれる素敵な作品でした。
じっくりと時間をかけて、時間のある時に聞いて頂くことで、少し疲れちゃったなとか自分に自信をなくした時とかに、
計だったら計の、たちゅきだったらたちゅきの、目の前の山を登るために普段から頑張っている人達の世界、そしてドラマ、
そういう真剣に生きているが故に手にいれられるものであったり、零れ落ちていくものであったり…
色々と自分と重ねあわせてみても面白いドラマだと思います」
阿部さん 「うんうん」
川原さん 「色んな人生の節目節目やタイミングでこのお話を思い出してくれると嬉しいですね。
今後もぜひずっと愛される作品であってほしいと思います。楽しんで聞いて下さい」

▲ 上に戻る