Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [同人に恋して]

Interview
 
有馬芳史 役 : 鈴木達央さん / 望月壱都 役 : 羽多野渉さん / 尾崎誠吾 役 : 安元洋貴さん / 渡辺茜 役 : 遊佐浩二さん

Question01 収録を終えてのご感想をお願いします。
鈴木さん 「今回、芳史をやらせて頂いたんですが、思った以上に『普通の人』というところを意識しながら演じることになりまして。
普通さってどうやって声に出るんだろうと思いながらマイク前に向かわせて頂きました。そういう部分ではすごく新鮮だったんですが、
相手が渉(羽多野さん)だったので、かけあいに関してはあんまり不安だったりというのはなくて。
久しぶりに渉とがっつり一緒に演技をしたんですが、久しぶりなので、ある意味、逆に楽しんでやりたいなと思って演じさせて頂きました。
最終的にすごく面白いケミストリーが随所に生まれていたので、原作好きの方々にも好きになって頂けたらいいなと思います」
羽多野さん 「まず先に台本を読んで自分なりにイメージして、その後に原作を読ませて頂いたんですが、
原作を読む前と後ではだいぶイメージが変わりました。
例えば、二人のキャラクターやその描かれ方、シリアスなシーンとコミカルなシーンとのギャップなど。
漫画を読んで初めてそのテンポ感が分かったんです。真面目なところは真面目に、妄想のシーンはちょっと膨らませて…とか、
等身が小さくなったりするところなんかも違和感なく表現できたらいいなと思いつつ、演じさせて頂きました」
遊佐さん 「今回ナベアカ()はですね」
※遊佐さんの演じられた渡辺茜のこと
安元さん 「(笑)べーやんか」
スタッフ 「(笑)」
遊佐さん 「ナベカネの方がいいかな(笑)」
安元さん 「ナベツネみたいじゃん(笑)」
遊佐さん 「(笑)。ナベカネは非常に冷静で感情を表に出さないということで、台本を読んだ段階で「これくらいの冷静さでいいのかな」と
思っていたら、さらにそれを一段階あげた冷静さを求められましたので、ラブコメにいてもいいのかというバランスで演じさせて頂きました。
非常にプレッシャーのある現場でした(笑)」
安元さん 「(尾崎は)ざっくり言うとバイだったんですけど」
全員 「(笑)」
安元さん 「でもまっすぐな人で、自分に自信があるけどその自信をちょいちょい踏みにじられると。
それでも負けないってあたりが意外と健気な人だったんじゃないかなと思いましたね。いい子だなと。演じていてとても楽しかったです」
遊佐さん 「(印刷所の)二代目だっけ?三代目?」
安元さん 「二代目です。二代目の結果、バイになりました(笑)」
遊佐さん 「三代目あたりで潰れる(笑)」
安元さん 「潰すのか?(笑)」
遊佐さん 「よく三代目で潰れるって言うじゃん(笑)」

Question02 作品中、印象に残ったシーンや聞いて欲しいシーン、聞き所などありましたらお聞かせください。
鈴木さん 「劇中劇がすごく多い作品だったので、そういう意味ではどこまで突き抜けていいのかまるで分からなくて(笑)」
羽多野さん 「(笑)」
鈴木さん 「しかも(芳史は)普通の人だと言われていたので、妄想シーンの中でも、ここは普通っぽく芳の方でいこうかなと思うと(同人誌の妄想中では芳)、 「もう少し盛ってみようか」って言われたりして…毎回ハズレを引いていたという印象でしたね(笑)。
でもその妄想というのも、キャラクターの想像する同人誌の中での出来事っていうのが楽しかったですね。
普段は自分達がアニメ等の作品のキャラクターを演じたりしているんですが、
今回のように、作品内に登場する同人誌中の役もやるという…もう一つフィルターをかけて演じるというのはなかなかないので、
とても稀有な体験をさせて頂いたなと思います」
羽多野さん 「達(鈴木さん)も言ってましたが、久しぶりの共演なので、二人で密に掛け合うところは演じ手としても楽しくやらせて頂きました。
二人のやりとりを楽しんで聞いて頂けたら嬉しいです」
スタッフ 「聞き所やおすすめのシーンなどありましたら…」
安元さん 「本編じゃなくなっちゃうけど(笑)」
遊佐さん 「(笑)。本編は壱都と芳史のお話なので二人のやりとりが全てだと思いますが、ナベカネとしては
(壱都を)引っ張って出ていくシーンが何度もありますので、 そういったところの壱都の反応を楽しんで頂ければと思います。
僕も楽しみです…とある事情で楽しみです(笑)()」
※⇒刑瓦気鵝安元さんは鈴木さん&羽多野さんとは別での収録でした。
全員 「(笑)」
安元さん 「聞き所は特典CDです(笑)」
全員 「(笑)」
遊佐さん 「本編じゃない(笑)」
安元さん 「本編の方だと、一途な思いというのは色んなものを動かしていって、最終的にそれを認めさせるものなんだなと…
一つの大きな流れが最終的に色んなものを飲み込んでいくんだなと思いました。そういう全体の流れが聞き所だと思います」
遊佐さん 「兼ね役もおありでしょ貴方は(笑)」
安元さん 「最も聞き所じゃないポイントは僕の兼ね役です(笑)」
遊佐さん 「何も知らずに聞いている人はあそこでビクっとする(笑)」
安元さん 「急に大男来たって(笑)」
遊佐さん 「何だ?今の誰だって(笑)」
安元さん 「普通の高校生ですよ(笑)」
全員 「(笑)」

Question03 共演のご感想をお願いします。
鈴木さん 「(笑)。何でしょうね…変わらずってところだな。
悪い意味ではなくて、一時期すごく共演する機会が多くて、一緒にいることが多かったので色々思い出があったりするんですよね。
そんな中で久しぶりに…(羽多野さんに)ほんと久しぶりだよね、そう考えるとな」
羽多野さん 「うん」
鈴木さん 「結構月日が経っているのに、渉は変わらない…変わらないというのも変ですけれども。
色々な経験をしてきていると思うんですけど、マインド的なものは変わってないんだなというのが見えて。
だからこそ…さして感想がないということになるんですよね(笑)」
羽多野さん 「(笑)」
鈴木さん 「実際の年数的には久しぶりなんですけど、別に久しぶりって感じをあんまり感じてない自分がいるからかなと思います」
羽多野さん 「不思議な縁なんですよね。僕らの仕事は、一時期一緒に仕事をする機会が多いなと思っていても、
急に何年も会わなくなったり、それが奇妙にクロスするんです。
今回こうやって共演して「久しぶりだね」とか。だからといって「変わっちゃったね」とかではなくて、
年月が経っていてもすぐに呼吸が合わせられるというのは、お互いが別々のフィールドで努力している結果だと思うんです。
そういう意味では、たまにこうやって仕事で一緒になるとまた今日もがんばろうね、という空気にすぐなれるのが嬉しいですね」
鈴木さん 「あとはお互いよく生きてたねって(笑)」
羽多野さん 「(笑)。みんなと言うよね、それね」
鈴木さん 「よく生き残ってましたねってな(笑)」
羽多野さん 「同じぐらいのキャリアで、同年代のメンバーが結構いるんですよ。 デビューしてしばらくはみんな元気なんですけど」
鈴木さん 「うん」
羽多野さん 「そこから先に行くとやっぱり難しくて。今ちょうど僕が仕事を初めて10年で、達がもうちょっと上なんですけど。 そうなってくると現場で会えるのが嬉しかったりします」
遊佐さん 「(安元さんと)特典CDで非常にかかわりが深いところを収録できたのでよかったです。安心して過ごすことができました(笑)」
安元さん 「過ごす?(笑)」
遊佐さん 「(笑)。今回はやはり割とこう…求めるところをやらないような芝居が多かったので、例えば掴まれても反応せずみたいなね。
通常、オーディオドラマでは必ず反応する芝居をやるんですけれども、そのリアクションも今回は極限まで削った芝居を求められました。
なかなかセンセーショナルな現場でした」
安元さん 「相手が勝手知ったる遊佐さんなので、精神的には楽だったんですけれども、今遊佐さんも仰られたように、めっちゃ研ぎ澄まされた、
無駄が一切ない、そぎ落とされたとってもソリッドな(笑)」
遊佐さん 「(笑)」
安元さん 「そんな茜ちゃんにむかって、一生懸命熱量をぶつけていくっていうのがやっていて楽しかったですね。
あ、これ特典CDの話です(笑)」
全員 「(笑)」

Question04 ファンの方への一言をお願いします。
鈴木さん 「今回『同人に恋して』そして『同人を愛して』もまさかの音声ドラマ化です。
本当に大ボリュームで、原作と一緒に聞いて頂けたらと思いますし、もちろん原作ではこうなっているんだけれども、
音声ドラマではちょっとニュアンスが違うじゃないかというところもあるかと思いますが、
全てを原作通りにやってしまうと色々とこう…渉が多分死んじゃうと思いますので(笑)」
羽多野さん 「(笑)」
鈴木さん 「芝居の流れを考えつつ、色々とCDドラマ用にアレンジしている部分はあるんですが、
それは原作にとても敬意を表しつつやっていることなので、ぜひその辺をくみ取って頂いて聞いて頂けたら嬉しいなと思います。
一人一人のつぶだちというのもすごく面白くて、ガヤ一つとっても楽しいものが入っていると思いますので、
ぜひすみずみまで聞いて楽しんで頂けたらと思います」
羽多野さん 「好きな人への思いを同人誌に託すというお話が非常に面白いなと思って原作を読ませて頂きまして」
鈴木さん 「ラブレターだもんね」
羽多野さん 「そうだね。その同人誌を描く役が僕に来るというのに何か運命を感じましたね」
スタッフ 「(笑)」
羽多野さん 「中学時代の英語の先生が元同人作家さんだったんです。その先生が英語の授業で、英単語よりも絵を描いてくれたんですね。
そういう先生に教わって、自分自身も高校時代、漫画アニメ研究会の副部長をさせてもらっていて、
漫画を描く方と接することが多かったり、そういう職業を目指している方が周りに多くて。
これも一つのご縁だなと感じますね。たくさんの方に聞いて頂けたら嬉しいです」
鈴木さん 「最後お前の思い出話じゃん(笑)」
羽多野さん 「(笑)」
遊佐さん 「(渡辺は)冷たい男と思われるかもしれませんが…そうです」
安元さん 「(爆笑)」
遊佐さん 「(笑)。詳しくは特典CDの方も聞いて頂ければありがたいです」
安元さん 「本編の方は若者達が一生懸命やっていると思いますが、特典の方はおじさん達も頑張ってるんです。
願わくば特典CDも聞いて頂きたいなと…どうやって手に入るかはHPの方で(笑)」
遊佐さん 「(笑)」
安元さん 「宜しくお願いします!」

▲ 上に戻る