Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [ヒマなのでハジメテみます。]

Recording Report

ヒマなのでハジメテみます。 収録レポート



※本レポートには作品のネタばれが含まれますのでご注意下さい。

某日。都内スタジオにて『ヒマなのでハジメテみます。』の収録が行われました。

収録当日、続々とスタジオに入られるキャストの皆さん。
野島さん、羽多野さんをはじめ、仲の良いメンバーが揃っているということで、スタジオ内は収録前からわきあいあいとした雰囲気。
全員が揃ったところで、キャスト全員の紹介が行われ、その後テスト収録です。
数シーンを演じていきながらそれぞれのキャラクター設定を行います。

天野凜太郎役の野島裕史さん。
抑えた声で、幼い頃から希の面倒を見ている“しっかり者の凜太郎”を前面に出して演じてくださいました。
クールな凜太郎がかっこいいです! 基本のラインはそのままに、
さらにプロデューサーから、冷静で愛想のないキャラクターではあるけれども、恋愛に対しては慣れたふうではなく、
硬派で、照れたり恥ずかしがったりする様子も出してほしいとの要望が伝えられました。

中津川希役の羽多野渉さん。
まさしくヘタレ! オトメン! な希を演じてくださいました。
こちらも基本のラインはそのまま、さらに、普段の希は夢見る乙女のような中性的でほんわかとした雰囲気で、
真剣なシーンや色っぽいシーンではドキッとするような男性的な部分を出して頂き、
普段との差を意識して、メリハリをつけて演じて頂けるよう伝えられました。

中津川ヒカリ役の日野まりさん。
希の姉であるヒカリは、凜太郎と希の関係を進展させるのにとても重要なキャラクターです。
日野さんには、お姉さんっぽさを意識し過ぎず、若めに、明るく元気よく、
でも希の姉であるということを忘れずに意識して演じてほしいという何とも難しい要望が。
テストでは、弾けるような勢いのあるセリフ回しがまさにヒカリそのもので、キャラのイメージにぴったりということで、そのまま本番へ。
その他の各役の的確なイメージや要望などもキャストの皆さんに伝えられ、キャラクター設定が終了しました。

物語は高校時代の二人の何気ない日常シーンから始まります。
幼馴染でいつも一緒にいるのがあたりまえの希と凜太郎。
学校の屋上で凜太郎がクリアできないゲームを希が代わりにプレイしてあげる場面、
淡々とゲームを進める凜太郎と周りでさわぐ希のやり取りがとても面白いです!
凜太郎のそばで「ひぃっ!」「ああ!」と声をあげる希を羽多野さんが裏声を交えつつ、
クリアの画面をみて嬉しがる姿をまるで子供がはしゃいでいるかのように、可愛らしく演じてくださいました。
一方、そばで騒ぐ希にイラつきながらも、一喜一憂する希の姿に、野島さんがぶっきらぼうな言葉を投げつつ、照れた様子をセリフに滲ませます。
なんとも微笑ましい二人のやりとりに冒頭からきゅんっとしてしまいます。

物語は高校生から大学生へ――。
希の姉・ヒカリの提案で一緒に住むことになった希と凜太郎。希が凜太郎に欲情するようになって…。
友達以上恋人未満な甘酸っぱい関係の二人のやり取りに、ストーリーを知っているのにもかかわらず、今後の展開に胸が膨らみます。

希を演じられる羽多野さん。
凜太郎の前で見せる、まるで花が舞っているかのような愛情&幸せいっぱいな笑顔や、
彼に欲情した色っぽい姿など…甘えたり、泣いたり、驚いたりと1シーンの中だけでも表情がくるくると変化する希を、感情豊かに表現してくださいました。
とにかく一生懸命で素直。希は自分の感情を直球で凜太郎にぶつけていきます。
羽多野さんが子供のように純粋な希を、全力で色鮮やかに表現してくださり、魅力あふれるキャラクターとなっています。
羽多野さんの演じられる、ヘタレ可愛い、オトメンな希をご堪能ください!
また、凜太郎に欲情してしまい切羽詰まる場面では、普段の可愛いほんわかとした希とは一変、可愛い中にも絶妙な雄の色気がにじみ出ています。
涙を浮かべ切なそうにかすれた声で、凜太郎に欲情する希の心情を羽多野さんがリアルに演じてくださっています。
普段のヘタレ可愛い希もいいのですが、凜太郎に欲情する場面では、聞いているこちらも思わずドキッとさせられてしまうこと間違いなし!
必聴です(笑)。

そして、凜太郎を演じられる野島さんは、クールな表情の中にも、希を大切に思っている感情や面倒見のよさ、
優しい性格など、凜太郎の心情を微妙なさじ加減で表現してくださっています。
幼馴染を可愛いと思いはじめた凜太郎の戸惑い。
希の笑顔にドキッとしたり、ずっとそばにいた幼馴染の欲情した姿を見て、自分も欲情してしまったり…。
希と比べると凜太郎は嬉しい、幸せといった喜楽の感情をあまり表に出さないキャラクターなのですが、
野島さんが声を震わせたり、緩急をつけたりと、セリフの端々まで、凜太郎の心の機微を丁寧に演じて下さいました。
また、希の言動に真っ赤になり照れた様子は、普段のクールな凜太郎とは違って、ギャップがたまらなく可愛いです!!
ドキドキして顔をそらしたり、思わず声がどもってしまったり、「!」「…」という言葉なく息や間等で彼のときめく心を表現される野島さんの演技が絶妙です。

お互いの想いを確認しあい、幼馴染から恋人へと進展した二人。
希の凜太郎に向ける愛情はさらにヒートアップし、好き好き大好きエッチがしたい♥ と、ところ構わずいちゃいちゃ。
凜太郎も希への愛情を膨らませていくのですが、希の姉・ヒカリがしばらく同居することになってから、少しずつすれ違いが…。
幸せいっぱいの二人に暗雲が立ち込めはじめます。

周囲に知られたら希と離れ離れになってしまうかもしれない、と必死に自分達の関係を隠す凜太郎。
一方の希は、ヒカリを気にして自分を避ける凜太郎の行動が理解できず、もどかしく思っているのですが…。
これからも希と一緒にいたい、そのために我慢も必要だという凜太郎と、凜太郎のそばにいたい、触れたいという気持ちを抑えきれない希。
そんな二人のすれ違う様を、野島さんと羽多野さんがセリフ、モノローグにそれぞれの想いを乗せて表現して下さっています。
そんな二人のやり取りが切なくて歯がゆくてしょうがありません!

自分の“好き”と彼の“好き”は別のものではないか、幼い頃からのすり込みと思春期の興味から、
希は自分を好きだと言っているだけなのではと、凜太郎は不安な思いを募らせていきます。
どんどん膨れ上がった不安心が、ついに抑えきれなくなった時…凜太郎が希に向けてその気持ちを吐露するシーンは必聴です!
しぼりだすように別れを切り出す野島さんの演技に、切なすぎて胸がギュッと締め付けられてしまいます。
いつもクールでしっかり者の凜太郎が涙を流して震える、弱々しい姿はなんとも痛ましく…。
そして別れを切り出したけれども、希がほかの誰かを好きになることの方が何倍も辛く、
苦しいことに気付いた凜太郎の「いやだ…そんなのありえない…」と小さく発した言葉が本当に切ないです!
希が離れていくかもしれない恐怖、悲しみ、痛み、喪失感…野島さんが震える声で凜太郎の本音を吐き出します。
感情をゆさぶる野島さんの胸に突き刺さるような演技に、思わず涙ぐんでしまいました。

一方、凜太郎の別れの言葉にショックを受ける希。
自身の気持ちを否定された怒りと悲しみに声を荒げつつ、彼に想いを真っ直ぐにぶつける姿がなんとも痛ましくて、胸が詰まりそうになります。
羽多野さんの熱量あふれる演技が、感情を爆発させた希の姿を色鮮やかに表現してくださっています。
また、とにかく泣くシーンが多い羽多野さん。嬉しい涙、悲しい涙、戸惑いの涙、愛が溢れすぎての涙…
それぞれの泣き方を絶妙に使い分けて演じてくださっています。
泣き方一つをとっても自由自在に、希のふり幅の大きいリアクションを見事に表現してくださっています。

お互いの想いをぶつけ合った凜太郎と希。クライマックスはなんとも二人らしいシーンになっています。
ぜひCDを聞いてお確かめ頂ければと思います。

また、肌を重ねるシーンは、初めての触りっこのシーン、気持ちが通じ恋人同士になって初めての…♥ 家にヒカリがいるのに部屋で…!
さらには最後のラブラブいっぱい濃厚エッチ!! と、聞いているこちらが恥ずかしくなるくらいのラブラブシーンが目白押しです。
特に最後のシーンは希の凜太郎好き好きオーラが最大級! 凜太郎も希もお互いへの愛しさが溢れた、幸せいっぱいの場面に仕上がっています。
その濃厚さに、スタッフ一同赤面しっぱなしでした(笑)。
天然甘えん坊の希が無自覚に攻めたてるさまと、そんな彼に翻弄される凜太郎…甘くて色っぽさ全開の場面、お腹いっぱいになること間違いなしです(笑)。

以上、キャストの皆さん方の熱演により収録は順調に進み、無事本編の収録が終了致しました。
笑いあり、涙あり、そして糖度いっぱいの物語に仕上がっています!

そして、購入特典の「野島さんと羽多野さんによるフリートーク」では、キャラクターと似ているところ、
昔から続けていることなど、盛りだくさんの内容となっております。
内容は手に入れてくださった皆様のお楽しみなのですが、ちょっぴりお話しますと――
野島さんの“普段はドS、でも○○するときはドMになっちゃう(笑)”や羽多野さんの“××の収集が大好き(笑)”等々、
笑いが絶えないお二人のトークは必聴です! 皆さんぜひぜひ手に入れて下さいね。

左京先生の描かれた魅力的なキャラクターを音で表現できるように、拘りに拘った収録はチームワークもよく楽しい雰囲気のまま無事終了となりました。
長時間の収録でお疲れにも関わらず、「お疲れ様でした〜」とにこやかにスタジオを後にされたキャストの皆さん方。本当にお疲れ様でした!
12月28日発売、「ヒマなのでハジメテみます。」。 皆さんぜひお楽しみください!!




▲ 上に戻る

Copyright