Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [御曹司の口説き方]

Recording Report

御曹司の口説き方 収録レポート


先日、都内スタジオにて『御曹司の口説き方』の収録が行なわれました。

収録当日。朝早くから次々とキャストの皆さんがスタジオ入りされました。
仲の良いキャストの皆さん、スタジオ内は収録前から、わきあいあいとした雰囲気に包まれていました。
全員が揃ったところで、キャストの皆さんの紹介が行なわれ、原作者の鳩村先生から、
「明るいコメディをと思って書きましたので、こんな時だからこそ聞いて下さった方が楽しくなれるような作品になればと思っています。
宜しくお願いします」というご挨拶が。その言葉に、
「でもこの作品、絶対聞いたらすっきりしますよ。みんないい奴ばっかりで、脚本読んでて最後しみじみ良かったなって
気持ちになりましたよ。絶対明るい気分になれる」

と虎之介役の安元さんが仰ると、キャストの皆さん全員が力強く頷かれます。明るく楽しい作品を作ろう!と一致団結したところでテストへ。
数シーンを演じていきながらそれぞれのキャラクター設定を行います。

鷹藪千里を演じられる立花慎之介さん。クールでピンと張ったようなトーンで演じて下さいました。
凛としたきれいめの雰囲気がとっても素敵です!
ツンとした中にも高貴さが漂っています。更に、先生から「大人っぽくキリッとした感じで」とリクエストが。
千里の生まれが戦国武将で華族の末裔というところから、プライドの高さと男らしさを意識して頂くことになりました。
途中「台詞回しが独特ですけど、ちょっと芝居がかった感じでもいいんでしょうか?」と訪ねられる立花さんに、
「まさに千里はそういう感じなので…」と先生もにっこり。細かくご自分のキャラクターのイメージを確認されつつ、瞬時に対応して下さいました。

宝生虎之介役の安元洋貴さん。男らしく豪快な、気取らない雰囲気がかっこいいです!
お金持ち特有の傲慢さがあるものの、嫌味に感じないさじ加減はさすがの一言。
最初は千里に対してライバル意識を抱いているためぶっきらぼうに、物語が進むにつれて徐々にフレンドリーさや好意を出して…と
変化をつけて演じて頂くことになりました。

兎本勇美役の梶裕貴さん。明るい、元気いっぱいな雰囲気で演じて下さいました。
さらに、天然でちょっとずれている部分を意識して欲しいとのリクエストが伝えられ、すぐさま勇美がホンワカしたかわいいキャラクターに。
その他の各キャラクターの的確なイメージや要望などもキャストの皆さんに伝えられ、キャラクター設定が終了しました。

テストも順調に終了したところでいよいよ本番がスタート。
物語の冒頭、千里と虎之介が勇美に呼び出され、三人で話しあう場面。
勇美にメロメロの二人と、彼らの想いに気付いていない勇美のずれたやりとりが笑いを誘います。
反目しあっていながらも、息ぴったりの千里と虎之介。思わずハモる場面では、立花さんと安元さんが「せーの」と
膝とアイコンタクトで息をあわせて、タイミングばっちりのやりとりを聞かせて下さいました。高音と低音のユニゾンは必聴です!
遠慮なくズケズケと下ネタ(?)まで尋ねる虎之介と、恥じらいを見せる千里。のほほんとした勇美。
お三方のかみ合っているようでかみ合っていない、テンポの良いやり取りに思わず笑顔になることは間違いありません。

千里を演じられる立花さんはナレーション・モノローグだけでなく、通常の台詞も多いためほぼ全ページ喋りっぱなしでした。
膨大な台詞量だけでなく、少し時代がかったような独特の言い回しや、芯のある凛とした千里のキャラクターを保つため、
恐ろしいまでの集中力で演技に望まれる立花さん。
しかし、全く疲れた様子を見せず、笑顔でキャストの皆さんや先生とやりとりされる姿にスタッフ一同感心しきりでした。
ベタぼれの勇美に対しての態度、ライバルの虎之介に対しての態度、小さい頃から世話になっている執事・芝に対する態度…等と、
やりとりする相手によって変わる千里の様々な表情を色鮮やかに表現して下さる立花さん。
メロメロで優しい表情やツンツンした態度、頭があがらない場面等、千里の色んな表情を立花さんが魅力的に演じて下さっています。

虎之介を演じられる安元さん。強引でマイペース、千里を振り回す俺様っぷりが光っています。
誰もが羨む大金持ちでイケメン、才覚もある…ともすれば嫌味になりがちなキャラクターですが、それを感じさせない、
芯の通った性格や気さくさが何とも魅力的です。
飾らないさっぱりした性格で、行動力があり、料理も上手な虎之介。
安元さんの低いセクシーボイスと相まって、男の魅力ムンムンです!子供のようなやんちゃな面も垣間見せつつ、虎之介の台詞の端々から、
有無を言わせず周囲を惹きつけるオーラが伝わってきます!その存在感には本当に驚かされます。

そして、勇美を演じられる梶さん。千里と虎之介、二人に想いを寄せられつつも、全くそれには気付かずにいるという、ある意味罪(?)なキャラクターです。
そのピュアで可愛らしい言動に思わず胸がキュンとさせられることは間違いありません!
明るくホンワカした性格かと思えば、愛する人を守るために勇気ある行動に出たり。
思わず「勇美かっこいい!」とスタッフからつぶやきが漏れるほど、魅力的なキャラクターに仕上がっています。
ふわふわニコニコ、千里と虎之介を無意識に振り回しつつも、「こんなにいい子なら、二人も好きになるかも」と思わず思わされてしまうような
勇美というキャラクターを、梶さんが色鮮やかに表現して下さっています。
物語のクライマックスでは、勇美の存在が千里と虎之介の関係を大きく動かす一因にもなっていますので、お楽しみに!

勇美を奪還(?)するために手を組み、奮闘している内に、だんだん距離が近付いていく千里と虎之介。
傲慢で嫌な奴だと思っていた虎之介の様々な表情を見て、彼を見直し、どんどん彼に惹かれていく千里。
二人で過ごすうちに、お互いがお互いを認め合っていく様が聞いているこちらにも伝わってきて、何ともじれったいです!
日常のやりとりがなんとも微笑ましく、二人で料理を食べたり、ワインを飲んだりしているシーンは、
聞いているこちらが思わず笑顔になってしまうほど楽しい雰囲気に満ちています。
考え方は違えど、お互い一本芯の通った者同士。演技とは思えないくらい、本当に楽しそうに台詞のやりとりをされている立花さんと安元さん。
その丁々発止のやりとりに、千里と虎之介のいいコンビっぷりが現れています。

そんな時、ささいな虎之介の言葉に、これまで自分が誰にも心から愛されたことがないと気付く千里。
自分は誰からも愛されない存在なのか……?
打ちのめされた千里の痛みや悲しさを、立花さんが震える声で切なさいっぱいに表現して下さっています。求められたことがない、愛されたことがない。
どんどん自信をなくしていく千里。力を失ってしまったかのような、繊細な立花さんの演技から千里の気持ちが痛いほど伝わってきます。
そしてそんな千里を求める虎之介。一見クールそうでいて、実は不器用で真面目な千里を強引に抱きしめるその姿には、思わず胸がキュンとさせられます。
「求められるのがどんなに気持ちいいことか、教えてやるよ」「俺が愛してやる」。安元さんの紡がれる台詞から、
虎之介の千里への優しさや愛情が溢れ出しています。

体の関係は持ったものの、虎之介は自分のことをどう思っているのか?
優しくされたり、キスをされたりしながらも、そんな虎之介の真意を確かめることのできない千里。惹かれているからこそ、確かめることが怖い……。
戸惑い、恐れ、混乱、悩み。原作でも細やかに表現されている千里の心情が、立花さんのモノローグからビンビン伝わってきて、思わず聞いているこちらが
もどかしくなってしまうほどです。

そして、千里と虎之介の恋愛場面はもちろんのこと、スタッフオススメの聞き所はなんといっても、勇美が千里と虎之介にお金を借りようとお願いする場面です。
愛する人を守ろうと友人に頭を下げる勇美の苦しさ。これまでの悲しい経験から、冷たく振舞うしかできない虎之介。
正義感と勇美への愛情から、虎之介の態度に怒りを抑えきれない千里。声を荒げて虎之介に詰め寄る千里と、抑えたトーンで心情を感じさせない虎之介、
涙ながらに懇願する勇美。三人の苦しい胸の内が、お三方の熱い演技のぶつかりあいによって痛いほど伝わってきます。
誰が悪いとも、誰が正しいとも言えない。それぞれが自分の中に一本筋を持っているからこそぶつかり合う…。
この後、三人はどうなっていくのか――?
思わず聞いていて胸が苦しくなりそうなほどの名シーンです。

そして、肌を合わせるシーンでは、虎之介にリードされて快感に翻弄される千里がとっても色っぽいです。
ラストの想いが通じ合った後のシーンは、ポジション争い(笑)のじゃんけんの末、ラブラブな愛が溢れた場面に仕上がっています。
細かいやりとりまで、お二人で相談をされながら、原作の雰囲気をそのままに、どのシーンも聞いているこちらがドキドキするほど素敵に演じて下さいました。

一見クールビューティー、でも実は不器用な千里と、強引でマイペースな虎之介の関係は?
恋のライバルから恋人へ?!
丁々発止のやりとりが楽しい二人の恋物語を、ぜひドラマCDを聞いてお確かめ下さいね!
終始わきあいあいとした雰囲気のまま収録は順調に進み、無事に本編が終了となりました。

そして、購入特典の立花さん&安元さん&梶さんによるフリートークでは、今回のお話やキャラクターに関して、
お気に入りのシーンなど盛りだくさんの内容になっています。
それぞれのキャラクターについてや、このシーンはぜひ聞いてほしい!と作品について熱く語って下さっていたりと、聞きどころ満載です!
これを作ってもらったら一発で落ちる料理とは?「お兄ちゃんタトゥーなんて許さんぞ!(笑)」「雑草魂」「赤出汁の味噌汁」…等、
とにかく仲のよいお三方の笑いたっぷり、ここでしか聞くことが出来ないお話が詰まっています。
内容は、聞いて下さった皆さんのお楽しみなのですが、お三方の楽しいトークがたくさん詰まっていますので、ぜひぜひこちらもお楽しみ頂きたいと思います。

鳩村先生の書かれた魅力的なキャラクターを音で表現できるように、拘りに拘った収録はチームワークもよく楽しい雰囲気のまま無事終了となりました。
長時間の収録でお疲れにも関わらず、「お疲れ様でした〜」とにこやかにスタジオを後にされたキャストの皆さん方。本当にお疲れ様でした!
6月28日発売、「御曹司の口説き方」。皆さんぜひお楽しみください!!

▲ 上に戻る

Copyright