Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [不機嫌で甘い爪痕]

Recording Report

不機嫌で甘い爪痕 収録レポート



4月後半、都内スタジオにて『不機嫌で甘い爪痕』の収録が行なわれました。
本作品はDisc2枚組ということで2日間に分かれての収録となりました。収録レポートでは1日目・2日目それぞれの様子をお届けいたします。

■収録1日目
収録開始前。『不機嫌で甘い爪痕』はメインの颯生と謙也のやり取りが多いということもあり、1日目は高橋さんと鈴木さんの
お二人だけでの収録となりました。お二人はなごやかなご様子で、スタジオは収録開始前から笑いに溢れていました。
また、今回の物語はジュエリー業界という専門的な職業を取り扱った作品のため、原作者の崎谷先生が
お持ち下さった資料を熱心に読まれている姿も印象的でした。

収録開始。まずは先生のご挨拶後、数シーンを演じていきながらそれぞれのキャラクターの設定を行います。

三橋颯生役の鈴木達央さん。
見た目はクールな美人デザイナー。さばさばとした性格で、実は意外と繊細な面を持つキャラクターです。
テストでは、鈴木さんは少し男らしい雰囲気を持たせた感じや、クールな見た目を意識した感じなど、様々なパターンの
颯生を聞かせて下さいました。本番ではそれらの要素をすべて含ませつつ、ジュエリーデザイナーという職業柄、
どこか繊細でやわらかい雰囲気も滲ませて演じて頂くことになりました。また、
基本はツンデレな性格ということで、前半部分はツンとしたかんじで、徐々に後半になるにつれてデレ部分を多く出して頂くようリクエストが出されました。

羽室謙也役の高橋広樹さん。
素直で温厚、天然なところもある謙也。やわらかく、さわやかないい人の雰囲気を前面に出して演じて下さいました。
そして、素直なキャラクターということで、感情が高ぶるところ、ギャグっぽいところなどは、穏やかな謙也から一転、
メリハリのある演技に、先生もイメージ通りということで、そのまま本番へ進んで頂くことになりました。

物語は、颯生がゲイであるとの噂を聞き、謙也が好奇心からゲイサイトをのぞき見るシーンから始まります。
出だしからドッキリするような単語が出てきますが、そこを高橋さんがさわやかな声で読み上げて下さいます(笑)。
初めは淡々と小説を読み上げていく謙也ですが、内容に驚いたり、恥ずかしがったりと短いシーンにもかかわらず、
くるくると表情が変わる様子には、思わず笑いが込みあげてきます。

颯生に対して湧き上がった自分の気持ちが、どういったものなのかわからず戸惑う謙也。
そんな謙也の様子に気づいた颯生は、元気づけようと、颯生が作成したロボットのオブジェの話題を持ち出すのですが…。
落ち込んで戸惑っていた様子から一変、弾んだ声で生き生きと語りだす謙也の姿は、まさにワンコのよう。
喜んで尻尾をぶんぶんと振っているようなイメージが浮かんできます。高橋さんの演じられる謙也のテンションの上がり具合に、
先生・スタッフから思わず笑いがこぼれます。
困惑したり喜んだりと、声のトーンの強弱を巧みに操って、謙也のふり幅の大きい感情をメリハリをつけて絶妙に表現して下さる高橋さん。
前半部分の謙也は、ヘタレ・直球・暴走…といった感じなのですが、高橋さんがそれらすべてを見事に融合させて、
魅力的なキャラクターを作り上げて下さっています。

颯生役の鈴木さん。謙也にゲイだと知られてしまったこと、更には突然の彼からの告白に、
以前から謙也に惹かれていた颯生は、好奇心から彼が告白してきたのだと失望し、やけになってしまいます。
謙也の様子に心の中で一喜一憂する颯生の様子を、繊細に表現して下さる鈴木さん。寝てみようと謙也を誘うシーンでは、
何でもない風を装うのですが、はすっぱな物言いをしながらもどことなく怒りや失望感がにじみ出ている演技は流石です!
特にモノローグ部分では、ショックと悲しみ、切なさをプラスさせ、颯生の心情をリアルに表現されています。
軽い雰囲気を装いながらも、心の中では傷ついている――。
鈴木さんの細やかな演技に颯生の想いが痛いほど伝わってきて、聞いているこちらの胸を締め付けます。

もう謙也への想いを終わりにしよう…そう決心する颯生に、謙也は予想外の言葉をぶつけてきます。
颯生のことが好きだと一生懸命語る謙也の姿を、高橋さんが熱くまっすぐに、想いを込めて演じて下さっています。

誤解も解け、想いが通じあった二人。
根は甘えんぼう気質の颯生。そんな颯生の本質を鈴木さんが全開で演じて下さっています。
以前のツンとした雰囲気とは一転、デレ颯生の甘えた声は的確に乙女の萌えポイントをついてきます(笑)。
今までとのギャップに萌えることは間違いなしです!

二人はどんなラブラブ生活へ突入するのか――。というところで1日目の収録は終了。OKの声に、ありがとうございました!
と元気に返されるお二人。1日目の収録は終始わきあいあいとした中、無事に終了しました。

■収録2日目
2日目はキャスト全員が集まっての収録となりました。
朝早くからの収録にもかかわらず、高橋さんを中心にスタジオ内はわきあいあいと楽しい雰囲気で、笑い声が絶えませんでした。


まずはキャラクター設定のためのテストです。颯生、謙也役のお二人については1日目にキャラクターを作り上げていたため、
音声の確認のみを行い、その他の登場人物のキャラクター設定を中心にテストを行います。

颯生の上司・神津宗俊役の隈本吉成さん。
重みのある渋い声がとてもかっこいいです! 颯生も憧れる敏腕営業部長ということで、仕事をしている最中は
引き締まった貫禄のある雰囲気を出して頂き、仕事以外の場面では人が良く、優しい包容力のある男性ということを
意識して演じて頂くことになりました。

その他、颯生の元彼・明智伸行を利根健太朗さん、『オル・ファラ』の社長・関野耀次を武虎さん、『オル・ファラ』秘書・大川美晴を磯村知美さん、
ジュエリーデザイナー・ジャン=クリストフ・ブルームを吉開清人さん、女子社員を佐久間麻未さんが、崎谷先生の書かれた
個性豊かなキャラクターを見事に表現して下さっています。
それぞれのキャラクターへの要望が伝えられた後、今回はジュエリー業界の専門用語が多数出てくるため、
言葉の確認も念入りに行われました。一つ一つの単語を全員で確認し、全体的な声のバランスなどを整えた後、本番へ。

さて、2日目は颯生の仕事風景や二人が無事恋人となった後のお話をメインに収録を進めていきます。
伝説の営業マン・神津とともに新ブランドのジュエリーデザインを手掛けることになった颯生。
神津との共同プロジェクトに意欲満々と取り組み始めます。

颯生の仕事に対する真摯な思いやプライド、憤りや悲しみ…鈴木さんがひたむきに仕事に取り組む颯生の感情を
熱く表現して下さっています。鈴木さんの色鮮やかな演技により、颯生が生き生きと、まるで本当に実在しているかのように感じられます。
関野社長らによる理不尽な要望に苛立つ颯生。
鈴木さんの、声を震わせながら怒りを堪えつつ、でも感情を抑え切れない、といった演技に、颯生の仕事に対する思いや、
思うように進まない悔しい思いがひしひしと伝わってきます。

そんな颯生の心を癒してくれる謙也の存在。憤る颯生の元に、謙也からの一通のメールが。
瞬時に弾んだ声に切り替える鈴木さん。笑顔になった颯生が目に浮かびます。
苛々したり落ち込んだり、喜んだり照れたりと感情を大きく動かす場面が続きますが、鈴木さんの丁寧な演技によって、
聞いているこちらも、颯生の感情と一緒に一喜一憂させられることは間違いありません!

料理を作ってあげたり気分転換に外に連れ出したりと、ピリピリした颯生を和ませてくれる謙也。
彼が一言発するだけで、ほわほわした空気を生み出し、颯生でなくても気持ちが温かくなっていきます。
高橋さんが、ふわりとした優しい声音と絶妙な間を使って、謙也の闊達な性格を見事に表現して下さっています。
癒しオーラ満開のボイスをぜひご堪能下さい!

終始ほのぼのとしたオーラを出す好青年・謙也ですが、物語のクライマックスでは、颯生に絡んでくる明智を容赦なく切り捨てる場面も。
ピシッとした力強い声で、明智にとどめの一言をさす謙也。今までの温厚な雰囲気を一掃した雄々しい姿に、スタッフからも「おおー!」と感嘆の声が。
のほほんバージョンから一転、凛とした高橋さんの声に、思わず「謙也かっこいいっ」と呟いてしまうほど素敵です!

とにかく、ラストに向けて、颯生と謙也のラブラブなやりとりに、ニヤニヤさせられることは間違いありません! 
付き合いだして臆病になり素直に甘えられない颯生と、甘えてほしい謙也。颯生が本音をぼそぼそと語るシーンは、
拗ねたような口調がとってもかわいいです! そして謙也の包容力には胸がキュンとさせられます。
全編を通して山あり谷ありですが、最後には幸せ満載、思わず「恋愛っていいなぁ…」と思わずにはいられません。

そして、肌を重ねるシーンでは、二人の気持ちの重なり具合によって、それぞれ違いを出して頂いています。
最初はお互いの心が見えていないためにちょっぴり切なく。お互いの気持ちが通じ合ってからは甘い空気も加わり、
段々と甘さの度合いも濃いものへと。そして最後は激甘・濃厚ラブラブシーンに。
完全に心を開いたデレ颯生と、甘えられて幸せ絶頂な謙也、好きという想いが互いに溢れだした甘々な二人の姿には、
お腹いっぱいになること間違いなしです!(笑)

また、わきあいあいとしたキャストの皆さん方のガヤのシーンは爆笑必死! 
とっても楽しいガヤが満載です。(できあがりでは聞こえないかもしれませんが…汗)
全てのガヤ収録シーンに鈴木さん、高橋さんのお二人も加わっておりますので、ぜひぜひ耳をすませて隅々までお聞き下さい。
以上、キャストの皆さん方の熱演により収録は順調に進み、無事本編が終了となりました。

エンディングトークでは、鈴木さんと高橋さんが楽しいお話を繰り広げて下さっています。テンポのいいお二人のトークをお楽しみに!

さらに特典フリートークでは、収録中のお話や高橋さん直伝のカツ丼レシピなど、面白いお話がたくさん詰まっています。
内容は聞いて下さった皆さんのお楽しみなのですが、
お二人の楽しいトークがたくさん詰まっていますので、ぜひぜひこちらもお楽しみ頂きたいと思います。

・・・こぼれ話・・・
2日目のテストで、キャラクター確認のため1日目に収録した音源を聞かれた際、謙也がチャーハンを作るシーンの音声が流れていたのですが…
ここで音声を聞きながら高橋さんがあることを熱弁されていました。
こちらについては特典フリートークの中でもお話されていますので、ぜひ高橋さんの熱いトークを特典CDにてお確かめください(笑)。

崎谷先生の書かれた魅力的なキャラクターを音で表現できるように、こだわりにこだわった収録は無事終了となりました。
キュンとするシーン、笑えるシーン、甘いシーンと聞き所満載の作品に仕上がっています。
ヘタレわんこ好き、ツンデレ好き、甘く可愛いお話が好きといった皆さんは、必聴です!
もちろん、上記のカテゴリー以外が好きな方でも、ご満足頂ける内容に仕上がっていると思いますので、ぜひ聞いて頂けたら嬉しいです。

長時間の収録でお疲れにも関わらず、「お疲れ様でした〜」とにこやかにスタジオを後にされたキャストの皆さん方。本当にお疲れ様でした!
6月28日発売、『不機嫌で甘い爪痕』。皆さんぜひお楽しみ下さい!!

▲ 上に戻る

Copyright