Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [キスができない、恋をしたい(Interview)]

Interview
(写真左から)
・天野脩 役
 武内健さん
・岩佐憲之 役
 近藤隆さん

Question01 収録を終えてのご感想をお願いします。
武内さん 「出演されている方々が皆さん知っている方ばかりということもあって、ストーリーの内容も相まって
楽しみながら収録に臨めたなと思います」
近藤さん 「まず台本を読ませて頂いて楽しかったというのが一つ、そして最終的にはみんなが幸せになれるというお話で、
演じていても刺さるような棘みたいな物もなくて、すごく耳なじみのいい、心地よい物語だなと感じました。
個人的に崎谷先生の作品はいくつか出させて頂いていて、作品の世界観自体がいいな、楽しいな、好きだなと
思える作品なので、読んでいて演じるのが楽しみでしたね」

Question02 作品中、印象に残ったシーン・聞いて欲しいシーンなど、このCDの聞き所をお願いします。
武内さん 「聞いて頂く方がそれぞれ聞き所を見つけて頂くのが一番かと思いますが、本当にマスターも良かったですし(笑)、
准君の生意気な子供っぷりも、脩のお母さんとお父さんのうろたえる様も良かったですね(笑)。
本当に岩佐や遼ちゃんとかが素晴らしかったのは言うまでもないんですが、脇を固めて下さる方々の細かな良さを聞いて頂くと、
よりストーリーが面白く彩られるのではないかと思います」
近藤さん 「いいシーンが本当にたくさんあって、個人的に自分が演じているシーンをお勧めしたいところではあるんですけれども、
一番僕が作品の中で好きだったのは、実は脩が憲之とすれ違って落ち込んでいるところを遼一に慰められるシーンですね。
あそこの遼一が本当にいいです。すごくいいです(笑)」
武内さん 「ふふふふ(笑)」
近藤さん 「いやー、千尋さんいいなぁーって、さすが先輩だなぁってもう関心と尊敬ですよね。普段はあんまりないんですけれども、
演技が終わった直後に、いやー千尋さん、遼一いいっすね!って」
武内さん 「アハハハ(笑)」
近藤さん 「思わず言っちゃいましたからね(笑)。あとは個人的に演じていて楽しかったのは脩との会話ですね。
憲之は大人として全部いなして、かわして…ってやってるんですけれども、その度に脩が突っかかってきて。
何もしないのに簡単に転んでいく脩君がとてもかわいくて愛らしいですね」
武内さん 「どS(笑)」
近藤さん 「それを操るでもなく見守るっていう…憲之の大人の部分、用意周到な部分を見て、まあこんな人に出会えたらいいなと
思って頂ければいいなと思いますね」

Question03 共演されたご感想をお願い致します。
近藤さん 「しばらくぶりですもんね」
武内さん 「そうですね。いくつか作品ではご一緒してますけど…」
近藤さん 「何度もありますが…」
武内さん 「こういう立ち位置では…?」
近藤さん 「初めてかもしれない?」
武内さん 「ですよね」
近藤さん 「二組くらいあって、どっちも別の人と…ってのはありますけどね」
武内さん 「だからこうやって直接やりとりするっていうのは」
近藤さん 「初めて」
武内さん 「ね。でも初めてって感じがなかったですね」
近藤さん 「うん、なかったですね。今改めて気が付いたくらい」
武内さん 「そうそう。何度か色々一緒にやらせてもらっているので、やりやすかったというのもありますし、楽しかったですね」
近藤さん 「本当に馴染みのある方なので、やりやすくて、もってきたキャラクターも愛らしくて可愛らしかったし、やっていて楽しかったですね。
『恋愛証明書』の方のお二方のキャラクターもすごく素敵で、今回春海さんの出番が少なかったのはファンの皆さんには
残念かもしれませんけど、またその辺は次の機会にということで。でも今回、本当に楽しかったです」

Question04 ファンの方への一言をお願いします。
武内さん 「そうですね…飲食店での過剰なスキンシップは控えて下さい(笑)」
近藤さん 「ハハハハハ(笑)。あのシーンか(笑)」
武内さん 「親御さんとは連絡を取り合って下さい。放置プレイは程々にして下さい(笑)」
近藤さん 「ふふふふ(笑)」
武内さん 「そうだな、あとは…楽しい思い出をいっぱい作って下さい、とこんなところで(笑)」
近藤さん 「今回、色んなキャラクターが出てきましたが、貴方だったらどのキャラクターと恋をしてみたいですか?
≧、憲之、春海、の飽譟↓ゥ泪好拭次幣弌法
武内さん 「(爆笑)」
近藤さん 「余呉ではなくマスター(笑)。余呉さんじゃなくてマスターね。マスターのインパクトがあまりに強すぎて(笑)」
武内さん 「アハハハ(笑)」
近藤さん 「というくらい個性豊かで素敵なキャラクターがいっぱいです。その辺は『恋愛証明書』を聞かれたファンの皆さん、
原作をお読み頂いている方には周知のことだと思いますけれども、そうでない方も純粋に楽しんでもらえる、
何の気負いもなく聞いて楽しんでもらえる作品になっております。ぜひ期待して待っていて下さい!」

▲ 上に戻る