Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [地獄めぐり(上)(Interview)]

Interview
(写真左上から)
・吽傍 役
 羽多野 渉さん
・烏枢沙摩明王 役
 三木眞一郎さん
・阿傍 役
 鈴木達央さん
・緒野瀧群 役
 寺島拓篤さん
・閻魔王 役
 森川智之さん

※三木さんはお時間の都合により筆記にてコメントを頂きました。

Question01 収録を終えてのご感想をお願いします。
森川さん 「まず最初に作品のタイトルを聞いた時、どんな作品なんだろうと思いましたね。
僕自身のキャラクターが閻魔様でして、これはどうやってBLになるんだろう(笑)という感じだったんですけれど、
とても面白い設定で楽しく収録できましたし、共演者の皆も仲の良いメンバーだったので、
本当にあっという間の収録でした。楽しかったです」
寺島さん 「『地獄めぐり』というタイトルでしたので、一体我々はどんなことをさせられるんだろうと(笑)、
一体僕は何に巻き込まれていくんだろうと思って、ドキドキしながら台本を読ませて頂いたんですけれども、
今までそこには目をつけなかったということに目をつけられていて、閻魔と絡ませるというのが今までにない発想だなと、
衝撃的でとても面白いなと思いました。
でも、森川さんが“閻魔”っていうとなんだか妙にやらしく聞こえるのはなぜなんでしょうね(笑)」
森川さん 「何言ってもやらしく聞こえちゃう(笑)」
寺島さん 「声がね。そういうお声なんです、森川さんのそれは(笑)」
森川さん 「困っちゃう(笑)」
寺島さん 「それを楽しみにしてきました、今日は(笑)」
森川さん 「(笑)」
寺島さん 「とても楽しくやらせて頂きました」
鈴木さん 「今回は、馬の化身というか鬼というか、そういったキャラクターだったんですけれども、すごく色々とチャレンジさせて頂いたな
という印象があります。人になっている時と鬼の状態というのが違う状態でしたので、その変化をつけたいということで、
音響監督の阿部さんからも言われて、元々自分の中でプランニングはあったんですけれども、
実際やってみるまでは、海のものとも知らず山のものとも知らずにいたんですけれども、相方の阿傍役が羽多野渉くんということで、
気が知れたやつなんで、それこそ渉だったら楽にできるなと思いながら、ほっといても阿吽の呼吸になるやつなので、
すごく安心してやらせて頂きました。
そういう違いのところでも、渉とは上手いリンクが出来たんじゃないかなと思いつつ、楽しく演じさせて頂きました。
作品の全体を通しては、瀧群と閻魔様がどうなっていくかわからない、ある意味で先が見えないストーリーになっていたので、
ぜひそちらの方も個人的には楽しみにしながら、収録させて頂いておりました」
羽多野さん 「名前が“吽”という字で、ものすごい筋肉隆々キャラかと思いきや、漫画の方ではすごく若々しいというか、弾けたキャラクターで、
最初の印象は可愛いなと思っていたんですけれども、その年齢感とかわいさ、でも元々は鬼ですからそういう部分をどこで出すか…と。
僕の中で一番最初に役作りのヒントとしていたのが、最初のシーンで主人公の瀧群くんを地獄に導くところで、
阿傍が引き連れている罪人に声をかけるシーンがあるんですけれども、そこで少し、瀧群に対するところと、罪人に対するところと、
鬼としての変化っていうのをつけようと思いまして、そうして吽傍というキャラクターが固まっていったという感じですね。
作品の『地獄めぐり』は、フリートークでも言いましたが、地獄といったら心霊的な意味でも恐いし、目を覆いたくなるようなイメージが
あったんですけれども、あれ? ちょっといいとこなのかな? この中の地獄では閻魔様が緑を育てていたりと、
いいとこなんじゃないの?と(笑)…舌は抜かれたくないですけど(笑)。そういう意味では、新しい地獄想像が出来るというかね。
出てくるキャラクターも温かいキャラクターが多いので、そういう部分や、今回の上巻が次の下巻へどうやって繋がっていくのか、
瀧群の心の傷みたいなものをどう癒していくのかなと思いつつ、僕自身としては天真爛漫に吽傍というキャラクターをやらせて頂きました」
三木さん 「楽しかったです」

Question02 作品中、印象に残ったシーン・聞いて欲しいシーンなど、このCDの聞き所をお願いします。
森川さん 「地獄の閻魔様も恋に落ちるところが、とても普通の我々凡人からすると想像できないんですけれども、
閻魔様も恋の悩みがあるんだっていうところを聞いて頂いて、なんと地獄の閻魔様が嫉妬しますからね!
その辺のところを楽しみにして頂けると面白いかなと思います」
寺島さん 「人ではないものというか、形は人の姿をとっていて、中身も限りなく人に近い存在である、この作品における閻魔様とか
阿傍、吽傍とかもそうですけれども、人じゃないものがはたしてどういう恋愛をするのか、どういう心の動きをするのかっていうのが、
ちょっと現実離れしたファンタジー要素があるものでしか見られない部分なので、そこら辺を感じて頂ければなと思います」
鈴木さん 「メインは瀧群と閻魔の話なので、そちらの方を主軸として聞いて頂ければと思いますし、聞き所はたくさんあると思うんですけれども、
僕らは阿傍・吽傍なので、そういうところにばっかり目がいっちゃうんですが、やっぱり二人でかけ合っているシーンは楽しかったですね。
別に渉とやっているからというわけではなくて、阿傍・吽傍として何かしらのアクションを起こしていたりする時に、
吽傍は子供っぽいところがあるから秘密を持った時に楽しいなぁとか言ってるし、でも阿傍はそれを見て何やってんだかと思いつつ、
諭しながらも自分も共感できるところがあったりね。色んな細やかな機微が出ていて、鬼にしては人間らしい描写があったので、
そういうところがすごく印象的でしたね」
羽多野さん 「右に同じになっちゃいますけど(笑)」
鈴木さん 「じゃあそれで!(笑)」
羽多野さん 「個人的には(阿傍・吽傍の)ジャンケンのシーンが僕は好きです!」
三木さん 「全部」

Question03 共演されたご感想をお願い致します。
森川さん 「仲の良いメンバーだったので、本当に楽しかったですね。スポーツでいうゲームメーカー的な存在が
今回は吽傍役の羽多野くんで、すごくスタジオ内でもいじられてて(笑)。基本的に僕と三木がいじってたんですけれども(笑)。
そういう意味では、ともすると仕事場なので集中していると無音になっちゃったりするんですけれど、
楽しい笑い声の絶えない地獄でした(笑)」
寺島さん 「笑い地獄(笑)」
森川さん 「笑い地獄(笑)」
寺島さん 「良い地獄でしたね(笑)。メンバー的には、羽多野くん、鈴木達央くんと、僕個人としても仲の良い二人がいる中で、
且つ現場でもよくご一緒させて頂くことがある先輩方とご一緒して、僕ら若いのだけだとぐだっとしちゃうんですけど、
先輩方がいることで僕らもきちんと集中することが出来ましたし、とても張りのある収録だったんじゃないかなと思います」
鈴木さん 「毎回そうですが、自分以外の役者を見ている時は勉強になるなと思います。そしてそれを聞きながら、自分はどういうものを
返せていけるのかなと、そういう緊張感にまみれられるのがいつも楽しいですね。
やっぱり仕事としてやっていますけれども、ちょっと公私混同になってしまいますが、そういう緊張感が公私共に楽しみどころでも
ありますし、それがすごく良い雰囲気を醸し出す現場と悪いように巡ってしまう現場があるんですが、
でも今回はすごくいい緊張感の中で演じることができました。あと、シーンでものすごく緊迫感があると、
その空気がブース内に広がっていくというのがすごく好きなんですが、それは僕らメインだけじゃなくて脇にいらっしゃる方々も含め、
皆さんのお力があって生まれるもので…やっぱりそういう緊張感が楽しいなというか、勉強になるなと思いつつ…
なんだか複雑な感情がいっぱい出てきてて、一言で説明するのは難しいんですけれども、
とにかく良い気持ちで収録が出来ていたなというのは間違いないです!」
羽多野さん 「共演者のメンバーを見ていて、3:3みたいな感じで…例えば、僕と達(鈴木さん)、拓(寺島さん)の三人は
年代もそんな変わらないし、よくいろんな現場でも会うし、その三人が揃ったというのは嬉しいですね。
休憩中に森川さんと三木さん、千葉一伸さんが、若い時あんなところに行ったねとか、昔こういう現場あったねとか
お話をされていたんですよ。
三人の先輩方も昔からよく現場でお会いしていたということで。そういう三人組じゃないですけれども(笑)、
年代は違えども一緒になって一つの作品を録れたというのは、個人的には記念みたいで嬉しかったなと思いました」
鈴木さん 「次世代のレツゴー三匹(笑)みたいな」
羽多野さん 「大先輩の3人と若手の僕らみたいなのが(笑)」
鈴木さん 「三羽子烏みたいな感じかな(笑)」
羽多野さん 「ああいう憧れもあるじゃない、だから」
鈴木さん 「それはもうもちろんだよ」
羽多野さん 「ああいう風にずっとずっと仕事をやっていきたいなと思いますし、そういう意味でも嬉しかったですね。先輩方とご一緒できて」
三木さん 「楽しかったです」

Question04 ファンの方への一言をお願いします。
森川さん 「『地獄めぐり(上)』…特上です(笑)」
寺島さん 「(笑)」
森川さん 「特上、極上でございますが、地獄めぐりというと痛いんじゃないかとか辛いんじゃないかとか思うかもしれないんですが、
それは恋の痛みであったり、地獄の業火が恋の炎になったりとか、色んな感じで変化して皆さんにお送りできると思いますので、
ぜひ『地獄めぐり』を聞いて頂いて、地獄ってこんな素晴らしいんだ、素晴らしいところなんだって!(笑)」
寺島さん 「そうだ、地獄へ行こう!(笑)」
森川さん 「そうだ、地獄へ行こう!(笑)…京都へ行こうじゃないですけれど、そのノリで楽しんで頂けると幸いです」
寺島さん 「『地獄めぐり(上)』なので、(下)もありますので、次の地獄へ早く巡れるように、皆さんもこれを聞いて、次はどんな地獄だろうと
楽しみにしてもらえればなというのがまずあります。今回は地獄の説明もちょいちょい挟んでいたので、次はまた地獄の中の、
針の野原だけじゃないところも見れたらちょっと面白いなと勝手に思っているんですけれども(笑)…思ってはいるんですけど、
どうなるかは皆さん楽しみにしていて下さい。この二人の恋愛もはたしてどうなるのか、はたして烏枢沙摩明王はどんな存在なのかとか、
これからこの地獄という現実とは違う場所でどういう物語が繰り広げられるのか、ぜひぜひ次も楽しみにして頂いて、
まずは上巻を聞いて下さい。楽しみにしていて下さい。よろしくお願いします!」
鈴木さん 「今回は『地獄めぐり(上)』ということで、上があるなら下があるということで、印象的なシーンで上巻は幕を閉じているんですけれども、
その後に瀧群が初めて地獄に来た時のエピソードもおまけで入っていたりして、個人的に最初台本を見せて頂いた時に、
そういうシーンも見てみたいなと思っていたら、一番最後についていたから、あった!(笑)と思いましたね。
自分的にすごく見てみたかったシーンでもあったので、瀧群が来た最初のところから楽しめるCDとなっております。
下巻にすごく気になるようなエピソードを盛り込みつつ、阿傍・吽傍も楽しげにやっておりますし、その中で謎を問いかける
烏枢沙摩明王もいますし、そしてメインとして話を引っ張っていってくれている瀧群と閻魔様もおりますので、
ぜひ聞きこんで頂いて、下巻に備えて頂ければなと思っております」
羽多野さん 「そうですね。特には…(笑)」
鈴木さん 「えー!?(笑)」
羽多野さん 「こんだけ達の話聞いちゃったら他に何があるかなって…!」
鈴木さん 「感想ないらしいですよ(笑)」
羽多野さん 「そんなことない! 感想は語りつくしちゃった(笑)」
鈴木さん 「興味がない? 拓篤が主役の作品には興味がないと?」
羽多野さん 「そんなことないよ! そういうシーンも本当だったら(ブースの)中で聞きたかったんですけれども、ちょっと二人だけの世界ということでね。
今回繊細なシーンは森川さんと寺島さんの濃厚な××があるわけなんですけれども」
鈴木さん 「セッ●スですね(笑)」
羽多野さん 「そうですね(笑)。そういったことも含めまして、聞き所満載の『地獄めぐり』でございますので」
鈴木さん 「一人だけ天国へ行ってね(笑)」
羽多野さん 「そうですね(笑)、天国へ行った人は今そこでガッツポーズをしている寺島くんですけれども(笑)。
下巻に続いて瀧群がどういう風になっていくのか、瀧群と閻魔がどういう顛末を迎えるのかというのも演じる僕ら自身も
とても楽しみにしているところですので、ぜひ一緒に楽しみにして、上巻の方を何度も何度も聞いて下さい。
ガヤとかもいろんなことやってます! 今日一番緊張したのが、ガヤで三木さんとずっと会話をしていたことです(笑)。
めっちゃ緊張しましたっ!(笑)」
三木さん 「楽しんで下さいませ(は〜と)」

▲ 上に戻る