Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [犬とおまわりさん。]

Recording Report

犬とおまわりさん。 収録レポート


8月初旬、「犬とおまわりさん。」の収録に行ってまいりました。

収録当日。朝早くから次々とキャストの皆さんがスタジオ入りされました。
今回はメインキャストをはじめ、たくさんの方々がご出演下さるのですが、皆さん元気いっぱいのご様子。スタジオ内は収録前から、
わきあいあいとした雰囲気に包まれていました。
全員が揃ったところで、キャストの皆さんの紹介が行なわれ、原作者の霧嶋先生のご挨拶の後、テスト収録へ。
数シーンを演じていきながらそれぞれのキャラクターの設定を行います。

王子様のような物腰で、町の人気者の警察官・柳田深美役の平川さん。
テストでは、王子様っぽく、品があり落ち着いた雰囲気で深美を演じて下さいました。

「平川く〜ん、もう少しキラキラした感じを出していいよ!」
平川さん 「(驚いて)おおう!(笑)」
「(爆笑)」
というリクエストに、更にキラッキラの王子様オーラが全開に!
そして、犬好きの顔が垣間見えるシーンではコミカルにとメリハリをつけて演じて下さっています。

無口で不器用な大学生モデル・篠原叶役の鳥海さん。
開始前から「俺が一番若いんだ〜(汗)」とキャラの年齢を気にされているご様子。
他キャストの皆さんに、「周りのバランスでうまくやってくれるよね(笑)」と冗談を言われていましたが、
テストでは若さを意識してかわいく叶を演じて下さいました。イメージぴったりの演技に、キャラ設定は一発OKとなりました。

そして、深美の弟・柳田衛役の鈴木さん。
ちょっぴり生意気な雰囲気で、男っぽさのある衛を演じて下さいました。
テスト中、キャラに関して積極的に意見を出して下さる鈴木さん。
全体的にもう少し感情を出した方がいいか、と尋ねられる鈴木さんに、刑事という仕事柄、仕事の場面ではキリッと、
プライベートの場面は感情を出して…というプロデューサーからの言葉に、「はい、分かりました!」と真剣な表情で頷かれていました。

そして、深美の後輩警察官・渡辺広大役の川原さん。
軽い雰囲気の中にも艶っぽさのある広大を演じて下さいました。
更にもう少し調子のよさを出してもいいかも、というリクエストをすぐにキャラクターに反映してくださる川原さん。
ムードメーカー的な役割を担いつつ、時に男の色気をにじませる広大を、かっこよく演じて下さいました。

そして、柳田家に飼われている犬・えい吉を演じて下さるのは若本さん。
若本さん 「(えい吉の)絵がとってもかわいいんだけど、偉そうな感じでいいんだよな? ギャップってやつだな!(笑)」
と気さくな雰囲気の若本さんに、緊張気味の先生とスタッフもにっこり。
テストの段階からパワー全開のえい吉ちゃんを演じて下さり、そのまま本番へ進んで頂くことになりました。

いよいよ本番がスタート。交番勤務の深美と広大の絶妙なかけあいから始まりました。
おっとりとした平川さん演じられる深美と、川原さん演じられる軽い雰囲気の広大のどことなくずれたやりとりに思わず笑顔が浮かびます。
そしてそこに現れる鈴木さん演じられる衛。ツンツンした中にもどことなくかわいらしさが見える演技はさすがです! 
口の悪い衛と彼のブラコンっぷりをからかう広大。二人のポンポンと飛び出すテンポのよい台詞の応酬がとっても楽しいです!


物腰穏やかな王子様かと思うと、鳥海さん演じられる叶とのやりとりに一喜一憂したりと、表情豊かな深美を演じられる平川さん。
一つ一つの台詞にキラキラの王子様オーラが溢れています! そんな深美の笑顔に広大が悩殺されるシーンがあるのですが、
プロデューサーより注文が…(笑)。
「平川君、キラースマイルだけ一つ欲しいな」
平川さん 「キラースマイル……分かりました。――アハッ
「もう少しキラキラ多めで!」
平川さん 「――ウフッ
と、華麗なキラースマイルを炸裂させて下さっています。とにかく終始「キラキラしてね!」と言うリクエストに、
一生懸命応えて下さる平川さんの王子様っぷりは必聴です!
また、シリアスなシーンでは恋愛慣れしていない叶との不器用な恋模様やすれ違いが、切ないほどに表現されています。
そして、終盤には王子様な深美とは思えない、ブラックな一面も…? 穏やかな深美、どこかボケてる深美、叶への切ない想いに苦しむ深美と、
様々な表情を平川さんが絶妙に演じわけて下さいました。

叶を演じられる鳥海さん。
叶は無口でシャイなキャラクターですが、台詞一つ一つに照れをにじませたり、たどたどしく喋ったりする姿はまさに叶そのもの! 
鳥海さん 「あの〜、叶が照れている所はちょっとぶっきらぼうな感じがいいですか? それとも照れを前面に出してる方がいいですか〜?」
という鳥海さんのご質問に、最初は若干ぶっきらぼう気味に、途中から段々感情が分かりやすくなっていく感じが良いという指示が出されました。
ミキサールームからの意見に「は〜い」と頷かれる鳥海さん。
深美に話しかけられて嬉しい気持ちや、深美の周囲への嫉妬…など、自分の心の内をうまく表現できない叶のもどかしさまで、
絶妙な間や吐息などを使いつつ、繊細に表現して下さっています。
優しい深美をどんどん好きになっていく叶。最初は照れ隠しでぶっきらぼうだった叶が、深美に心を許し、物語が進むにつれてどんどん感情が出てくる、
そんな叶の心の動きが聞き手に伝わるよう表現された演技がとっても素敵です。

作中、叶がハミガキをするシーンがあるのですが、そこは鳥海さんのアドリブで表現して頂くことに。ハミガキの音の表現に悩まれる鳥海さん。
鳥海さん 「ハミガキって…歯ブラシの音はさすがに出せないよねぇ(笑)」
「(笑)」
鳥海さん 「え〜、どんな風にやろうかなぁ〜…」
と仰られつつも、本番では絶妙なハミガキのアドリブを聞かせて下さいました。


そして、お兄ちゃん大好きのブラコンで、仕事には一生懸命な衛を演じられる鈴木さん。
えい吉とバトルをしたり(笑)、周囲に突っ込んだり…と、穏やかな深美とは違い、口が悪くちょっと生意気な衛。
最初はお兄ちゃんである深美LOVEなのですが、広大と触れ合う内に彼に惹かれていく様子を、最初はツンツンした声音で、
広大に好意を寄せられ、彼を意識するようになってからは、そんな中にも段々と惹かれていく恋心をにじませて…と
その変化には思わず聞いているこちらがドキドキさせられます。
そして、自分の追っている薬物事件で、広大がクスリに手を染めている…? と広大に迫るシーンでは、
衛の脆い部分を絶妙に表現して下さる鈴木さん。震える声に、思わず広大同様胸がキュンとさせられます!
さらに、コミカルなシーンでは深美を挟んだえい吉とのライバル関係も必聴です!(笑)

そして、飄々とした雰囲気で、明るいムードメーカー的役割の広大を演じられる川原さん。
川原さん演じられる広大が登場すると、物語にパッと明るい光が差します。どこかとぼけた深美につっこんだり、
衛をからかったりと表情豊かな広大を鮮やかに演じて下さる川原さん。コミカルな表現も多く、終始テンションを高く維持しなければなりません。
深美や衛の台詞や行動を受けてのリアクションは必聴です! 
そして、なんといっても時折見せるシリアスな広大の一面はかっこよいの一言! ちゃらちゃらと軽い雰囲気の広大が、深美に失恋するシーン、
そして衛に惹かれていく場面では、川原さんの艶っぽい声音で表現される広大の隠された心の内に胸を打たれます。
時折漏れる広大の独白は、ドキっとするほど男の色気が滴っています!

そして、若本さん演じられる犬のえい吉。威風堂々とした存在感はさすがです! 台詞の一言目から若本さんのオーラが全開! 
深美に尻尾を振るえい吉、衛を軽くあしらうえい吉…様々なえい吉の表情を自由自在に表現して下さっています。
身振り手振りをされながら演じられる若本さん。本作では、この犬のえい吉が作品の重要な部分を担うだけに、
まさにはまり役といっても過言ではありません。圧倒的な存在感のえい吉を演じられる若本さんの楽しい演技を、ぜひお聞き逃しなく!
 
キャストの皆さんのイメージぴったりの演技に、スムーズに収録は進んでいきます。
誤解が誤解を生んでのすれ違い。叶と深美、広大と衛を巻き込んでのとある事件――。
紆余曲折がありながらも、想いが通じ合った深美と叶。二人のもどかしくも初々しい恋愛模様は幸せに溢れていて必聴です!

さて、収録は早朝からの長丁場だったのですが、途中どこからともなく「ぐうううー…」というおなかの音が。
最初は「すみませ〜ん、僕で〜す」「今の僕です」と自己申告をされていた皆さんでしたが、次々と鳴るおなかの音に全員苦笑いでした。

腹ごしらえの後、クライマックスの深美と叶が肌を合わせるシーンの収録へ。想いが通じ合って初めてのシーンでは、
ラブラブかつ聞いているこちらまで恥ずかしくなるような初々しさで、何とも素敵なシーンになっています。
深美のキラキラ した王子様オーラと、叶のかわいさが溢れるこのシーン、皆様お楽しみに。

キラキラの王子様・深美と、シャイで不器用な叶の恋模様は? ツンデレ衛と広大の関係は? そしてえい吉の最後の〆は(笑)? 
ぜひドラマCDを聴いてお確かめ下さいね!
終始わきあいあいとした雰囲気のまま収録は順調に進み、無事に本編が終了となりました。

そして、購入特典の「平川さん・鳥海さん・鈴木さん・川原さんによるフリートーク」では、今回のお話に関してや、
皆さんのご兄弟についてなどを語って下さいました。お姉さんのいる●●さんのお話や、弟さんの×××でこんなことが…と、
内容は聞いて下さった方のお楽しみなのですが、仲良しキャストの皆さんの楽しいお話がもりだくさんです。
そしてここぞとばかりに広大役の川原さんがいじられています(笑)。ぜひぜひこちらもお楽しみ頂きたいと思います。

長時間の収録でお疲れにも関わらず、「お疲れ様でした〜」とにこやかにスタジオを後にされたキャストの皆さん方。本当にお疲れ様でした!
9月28日発売、「犬とおまわりさん。」。皆さんぜひお楽しみ下さい!!

▲ 上に戻る

Copyright