Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [最悪(Interview)]

Interview
(写真左から)
・橘英彦 役
 神谷浩史さん
・有堂京一 役
 森川智之さん

Question01 収録を終えてのご感想をお願いします。
神谷さん 「いやー疲れましたね(笑)。台本をチェックしている段階で疲れました。
台詞量もハンパない上に、ずっと怒っているので。苛々しているシーンが多いのと、性格上きちっとしているので
喋り方が割とかっちりしているので、息を抜くところがなく、そういう意味ではずっとテンションをある一定のところに
保っていなくてはならなかったので、非常に大変でした」
森川さん 「二日間に分けての二枚組で、とてもボリュームがあって、プラスほとんど英彦と有堂の二人がずっと喋っている感じでしたので、
二人で合宿をしているようでした(笑)。とっても楽しかったです」

Question02 作品中、印象に残ったシーン・聞いて欲しいシーンなど、このCDの聴き所をお願いします。
神谷さん 「英彦の言っていることは正論なんですが、有堂に対してよくもそんなに文句を言うことがあるなと。
僕は普段あまり怒りの感情を持続させることができないんですよ。
でも今回は怒りのシーンが続くので、いつもより疲労度合いは高かったです。
皆さんそうだと思うんですけれども、あまり怒りの感情をずっと持ち続けていくことって出来ないと思うんですよ。
だけど彼は割とずっとそれを持っている人なので、そういうのをぶちまけたり、怒りの感情をずっと持続しているシーンが、
聴いていて賛同して頂けるかどうかはちょっと微妙ですけれども(笑)、聴いて頂ければと思います」
森川さん 「有堂京一という強運の持ち主で、ものすごくパワーのある、人を惹きつけるキャラクターを聴いて欲しいなとは思うんですが、
彼がズケズケと生活の中に土足で入っていく部分が多々本編の中であり、ともすると二人のかみ合わないシーンなんだけれども、
それが実は時間が経てば経つほど、とてもしっくりしていくのはなぜなんだろうといったところがおすすめのシーンです」

Question03 共演されたご感想をお願い致します。
神谷さん 「こういうBL作品で、しかも二枚組でがっつり絡むのは今回が初めてだったので、すごく楽しかったし嬉しかったです。
とても良くして下さる先輩ですので、その方と一緒にお仕事をやらせて頂いて、いい経験をさせて頂きました」
森川さん 「今をときめく神谷浩史さんと共演できて光栄です(笑)」

Question04 ファンの方への一言をお願いします。
神谷さん 「『最悪』というドラマCDですので、本当に最悪な人間が出てきます(笑)。
その人は最悪ながらもどこか憎めない魅力あふれるキャラクターで、それを森川さんが演じられてるんですけれども、
非常に見事にその難しい役を演じていらっしゃいます。英彦が苛々しながらも有堂に惹かれていくところが聴き所です!
よろしくお願いします〜。」
森川さん 「ひちわ先生の作品の中でもこの『最悪』はとても人気の作品ということで、それに出させて頂いて、どれだけ彼のカリスマ性を
僕の演技で表現できるかどうか分かりませんでしたが、上手くいったと思うので、是非この最悪なコンビの『最悪』を楽しんで頂けると
嬉しいかなと思います。最悪っていうのはこれ以上悪いことはないってことですからね。そういう意味で楽しめる作品だと思います」

▲ 上に戻る