Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [かわいい悪魔(Interview)]

Interview
(写真左から)
成瀬楓太 役
 吉野裕行さん
秋吉透 役
 鳥海浩輔さん
市井寿史 役
 三宅健太さん

Question01 収録を終えてのご感想をお願いします。
吉野さん 「僕が演じたキャラクターはやはり…ギャップですか」
鳥海さん 「(笑)」
三宅さん 「(笑)」
鳥海さん 「成長しますからね(笑)」
吉野さん 「そうですね。ビジュアルからして全然違うものになるので、やっぱりタッパが大きくなればね、声も変わるだろうということで、
もしかして僕じゃない人が…なんて思ったんですが(笑)、そういうこともなく、まだ背の低い頃も大きくなってからもやらせて頂きました。
難しいですね、やっぱり。
単純に音としても難しかったですし、ただそういうものをやれるというのは、役者としては非常に楽しいですね。
また見知ったメンバーと一緒に作品作りができたので本当に楽しかったです」
鳥海さん 「(吉野さんに)よかったですよ〜(笑)。僕も表面は割とクールな、特に冒頭なんかはそういう風に装っている部分があったんですけど、
実は内面がすごくぐちゃぐちゃしているというか…モノローグでずっと叫んだりあたふたしたりしていて、それが段々表面に
出てくるんですけれども、そういった意味では結構忙しい役でしたね。
でもやっていて非常にメリハリが効いているというか、楽しい役でした。見知ったメンバーで作品作りができて非常に嬉しかったです(笑)」
吉野さん 「おんなじじゃん(笑)」
三宅さん 「今回は見た目が怖くて、中身口調諸々は非常にかわいらしいというか乙女チックというか…乙女チックにしちゃったんですけど(笑)、
見た目がいかつくて中身がそんな風ということで、ある意味自分に近い部分もあるので、気張らずに自然に出たものをそのまま
のせてやれたので非常にやりやすかったですし、面白かったですね。そして、やっぱり…見知ったメンバーと…(笑)」
吉野さん 「きたー(笑)」
鳥海さん 「(笑)」
三宅さん 「ということで(笑)非常にリラックスしてやらせて頂きました」

Question02 作品中、印象に残ったシーン・聞いて欲しいシーンなど、このCDの聴き所をお願いします。
吉野さん 「個人的には代永くんがやっていた役があまりにも露骨に計算高いというか…(笑)」
鳥海さん・三宅さん 「(笑)」
吉野さん 「もちろん自分がやっていた楓太も、そういった意味では可愛いキャラを演じたりしているので露骨だなとは思いますが、
でもそれに籠絡されてしまう周りの男性・女性陣がすごいなと思いました。
逆に鳥海さんがやっていた透が本当にいい人というか、真面目だなという感じがすごく良かったですね」
鳥海さん 「印象に残ったシーン…『成長』ですね(笑)」
吉野さん 「きた(笑)」
三宅さん 「きた(笑)」
鳥海さん 「成長です(笑)」
吉野さん 「成長期がね(笑)」
鳥海さん 「成長期がきました(笑)。
成長期を演じるのはなかなかないので。何年後というような年代を踏んで演じることはあるんですけれども、
今回は同じ時間の中で成長しますから」
吉野さん 「ひと月くらいですよ」
鳥海さん 「夏休みの間に成長しました吉野さんの演じ分けがすごいなーと」
吉野さん 「よかったー(拍手)。ちょっと機械の力でひゅっとね(笑)。加工してもらって」
鳥海さん 「(笑)」
三宅さん 「(笑)」
吉野さん 「助かりましたーみたいなね(笑)」
鳥海さん 「ちょっと早口で喋ってね(笑)」
三宅さん 「(笑)」
吉野さん 「早口で喋って、その分ゆっくりにしてもらうと低くなるからね。バッチリ!(笑)その辺のこれ(腕を叩く)が」
鳥海さん 「そっち!? (笑)…まあ、そんな科学の力に頼らずね。非常にその演じ分けが面白かったのと、健太の最初の“あぁ?”と
恐いところから出てきて、コロッと可愛くなるっていうのが、やっぱこれ(腕を叩き)ですかね。すごいなと思って見ていました」
三宅さん 「お二人と同じような事と…そうですね…あとは、女の子って恐いですよね。集団で来ると」
吉野さん 「あー、女の子は恐いね」
鳥海さん 「恐いねー。陰湿でしたね」
三宅さん 「男の信望者は…」
鳥海さん 「可愛いもんですよ」
三宅さん 「そう、可愛いもんですよ。“お前ー!!”とかはっきりしてましたしね。でも女の子は“一緒に歩いてんじゃねーよ”とこそこそっと言うのが…」
吉野さん 「あれは恐かったねー」
鳥海さん 「そこで最後、吉野さんがズバッと言ったところは、気持ちよかったですね。すっきりしました(笑)」
三宅さん 「スカッとしましたね」
鳥海さん 「レッド●リフで言えばですね、関羽とかが出てきて周りがババババっと切られるみたいな爽快感がね(笑)」
三宅さん 「(笑)爽快感がありましたね。一瞬楓太って本当に悪魔なのかなと思いました。市井は楓太のことをいい奴だと言っているんですが、
ちょっと疑うところが(脚本を)読んでいてあったんです。でも最後の決めがあることで、なんだかんだといい奴なんだなと」
鳥海さん 「自分の気持ちに対してすごく素直だったから」
三宅さん 「ラストの辺りなんか、特にわかりやすくて好きですね」

Question03 共演されたご感想をお願い致します。
吉野さん 「先ほども言いましたが、やっぱり安心してやれますよね。逆に他の皆さんが作ってくる芝居の世界を壊さないように、
僕も夏休み前と夏休み後どちらも馴染めるように気は遣いましたが、やはり安心してできるものです」
鳥海さん 「そうですね。信頼のおけるメンバーという意味では、余計なことを全く考えないでいいというか」
吉野さん 「逆に気を遣いすぎなくていいというか、わからないと手の内を探るというわけではないですが」
鳥海さん 「探りは出てしまうよね。ある程度信頼と、もうずっと知っているから、なんとなく流れやここはこうくるだろうという
アドリブなども含めてわかりやすいので、そういう意味ではやりやすいですね」
三宅さん 「本当にその通りです。あと、例えば芝居には“間”というものがあるんですが、その間尺がすごくわかりやすかったです。
よく共演しているお二方と共にさせて頂いたので。たまに初めての方とお仕事をした時、まれに最初の段階で
タイム感のずれがあったりして、セリフの出方がぎこちなくなってしまうことが自分にはあったりするので、
そこを考えずに思うままにやれたのは…見知ったメンツの(笑)おかげですね」

Question04 ファンの方への一言をお願いします。
吉野さん 「原作を読まれている方もいらっしゃると思いますし、そうでない方もいらっしゃると思うんですが、あくまで僕が思う楓太像を
スタッフさんに聞いて頂いて、声のトーンにしてもああいう風なものになったんですけれども、やっぱり実際人間がもしあれだけ
成長してしまうと、本当は声も全然違うと思うんですよね。もっともっと変わったりするかもしれないし、体が大きくても
高い声が出る方は出たりもするので、これは一つの形として受け止めて頂けたら嬉しく思います」
鳥海さん 「そうだね。原作を読まれている方も読まれていない方も、これが我々の提示した『かわいい悪魔』です。
原作共々楽しんで頂ければと思います。さよなら〜(笑)」
三宅さん 「楓太と透の関係といいますか、ある意味今回ギャップというのがテーマなんですけれども、そのギャップによって
人の気持ちの渡し方というのは一通りじゃないし、一パターンじゃないんだぜというのが、要所要所にこの二人のキャラクターの
かけあいですごく見えてくると思うので、ぜひぜひその辺りを楽しんで頂ければなと思います」

▲ 上に戻る