Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [センチメンタル・セクスアリス(Interview)]

Interview
(写真左から)
・日和佐明 役
 鳥海浩輔さん
・相原春巳 役
 鈴木達央さん
・真部仙介 役
 安元洋貴さん

Question01 収録を終えてのご感想をお願いします。
安元さん 「僕がやった仙介くんがもし女の子だとしたらすごくいい女だと思いました(笑)。
春巳くんも可愛いところもあるのはわかるんですけど、最初の方、特に序盤戦はすごくイライラする子で、
“どこがいいんだよ。仙介、目を覚ませ!これダメだぞ!”と思いながらやってましたが、最後の方で本当は自分が悪いというか
色んなことが自分に起因していたんだということを彼が認めたあたりから、とても愛らしい存在になって、読んでいて楽しかったですね。
演じていても楽しかったです」
鈴木さん 「最初読んだ時は、まあ当たり前のように嫌な奴だなと思いまして、それを全面に出してしまうと全く共感できなくなってしまうので、
先にいくにつれて変わっていくんですけれども、春巳の変わってはいくけれども、どこか最初から聴いて下さる方が(春巳が)可愛らしいなと
思えるようなところを一つ残さないとと思いながらやらせて頂きました。
色々と考えあぐねながら、一つ一つの台詞を咀嚼するのに時間はかかってしまいましたけれども、楽しくやらせて頂きました」
鳥海さん 「非常にダイナミズム溢れる収録でした」

Question02 作品中、印象に残ったシーン・聞いて欲しいシーンなど、このCDの聴き所をお願いします。
安元さん 「僕はラストシーン前の、お互いが、こう思っていたのです、かつてはこうだったけど本当はこうなのです、
というお互いの気持ちの吐露のしあいがあるんですけれども、そこですね」
鈴木さん 「僕もそうですね。自分が仙介に対して初めて素直に感情を爆発させるっていうシーンがあるんですけれども、
そこのところを、やっと今までうじうじ自分の中で、自分のいいように変換してきたものを初めて素直に言えたシーンでもあったので、
そこはすごく自分の中で色んな意味ですっきりしたなというところだったので、印象深いです」
鳥海さん 「N○K代」

Question03 共演されたご感想をお願い致します。
安元さん 「(共演が)多い多くないで言えば、決して多くはないタイプなんですが…でも知ってはいる子なんで、
というか、よく知ってます。現場よりも…なんか違うよね?」
鈴木さん 「そうですね」
安元さん 「仕事じゃなくて、妙な会い方をしている方が多いから(笑)、変に気負いもなくやりやすかったですね」
鈴木さん 「普段からよくして頂いている先輩ですので、その胸にどーんっと飛び込んでいく感じで、本当に仙介と同じようなでかい背中に
僕はぶつかっていった感覚があったので(笑)、すごくある意味で甘えさせて頂きました」
鳥海さん 「まぁ〜よく知ったメンツなので、そのへんは楽しく出来たのではないでしょうか」

Question04 ファンの方への一言をお願いします。
安元さん 「なかなか難産でした。結構難産な子でした。でも大切に産んだんです、僕たち(笑)」
鈴木さん 「(笑)」
安元さん 「一生懸命ヒッヒッフー(ラマーズ呼吸法)しました(笑)。
いい子になると思いますので皆さんのお手元に一枚あると僕たち幸せです」
鈴木さん 「今回、安元さんと楽しく演じさせて頂きました。先程も言いました通り、少し安元さんに甘えてしまった部分もあったんですけれども、
精一杯、作品の中で春巳と仙介に息を吹き込んでみましたので、気になった方はお手に取って頂ければ幸いです」
鳥海さん 「本編の中に出てくる台詞で変に笑ってしまったところがあるのですが…まあ“受信料は払おうね”と」

▲ 上に戻る