Atis collection

[Atis collection] >> [Recording Report] >> [罪な復讐]

Recording Report

罪な復讐 収録レポート

田宮吾郎 役
野島健児 さん
高梨良平 役
置鮎龍太郎 さん
富岡雅巳 役
遊佐浩二 さん
長谷川佳治 役
平川大輔 さん
遠宮太郎 役
笹沼晃 さん
里見修一 役
谷山紀章 さん

5月下旬、「罪な復讐」の収録に行ってまいりました。
この作品は、幻冬舎コミックス様より装いも新たに刊行された大人気シリーズ。
これまでに4本のドラマCDが発売されていて、お客様からのたくさんのリクエストを頂き、
この度、新作のドラマCDをAtis collectionにて制作させていただくこととなりました。

収録当日。スタジオに入って皆さんが揃うのを待っていると、次々にキャストの方々が集まって来られます。
次々と現れるその人数の多さに驚いていたのですが、何よりその全てが男性キャストさん!
普段なら女性声優さんがいらっしゃることも多いのですが、今回は女性は一人もいらっしゃらず…何と全員が男性。
何とも熱気の溢れた収録になりました。

長いシリーズものということもあり、皆さんの気心も知れているようで、収録開始までの間、台本を読んだり談笑をされたりと、終始穏やかなムード。
まず、プロデューサーからキャストの皆さんへ原作者の愁堂先生のご紹介がありました。
紆余曲折あった作品ですが、文庫の続きが幻冬舎コミックス様から発売され、またCDも引き続きこの度制作ということで、先生の感激も一塩のご様子。
キャストの皆さんからも笑顔がこぼれ、キャスト・スタッフ全員が1つになって、いよいよ収録がスタートしました。

シリーズ作品ということで、前作の音源をスタジオに流し、各キャラクターの雰囲気や作品の世界観についてなどの確認が行なわれました。
その後、テスト収録がスタートします。それぞれがマイク前に立ち、数シーンを演じていくのですが、
ブランクがあるとは思えないほど、皆さんキャラクターそのものの演技を聞かせて下さり、すぐに本番に入ることになりました。

「楽しい、ノリのいい部分はテンポよく、泣きの部分はリスナーに感情移入してもらえるようにメリハリをつけていこう」
というプロデューサーの言葉に、全員が頷いた後、本番がスタートします。
まず初めに、このシリーズの名コンビともいえる納刑事とゲイバーのママ・ミトモのかけあいから始まりました。

 

「思いっきりのびのび演じてね(笑)」というプロデューサーの言葉に、最初からパワー全開のお二人。
納刑事役の園部さんとミトモ役の太田さんのテンポのよい台詞回しは、まさに名人芸です!
とても台詞を読んでいるとは思えない、ポンポン勢いよく飛び出す掛け合いに、愁堂先生とスタッフから思わず笑いがこぼれました。

そして、高梨良平役の置鮎さん。男らしい、艶めいた声の関西弁が本当にかっこいいです!
ちょっとした台詞からも、置鮎さんの声から滴るような男の色気がムンムン伝わってきて、聞いていて思わずドキドキしてしまいます。

高梨は全編を通して関西弁を話すキャラクターなのですが、大阪育ちの置鮎さん、
台本に書かれている関西弁の台詞を、より本物らしく、自然な感じに少し修正して演じて下さっています。
そのため、高梨というキャラクターがとても生き生きと感じられます。
(置鮎さんは本当に大変だと思いますが…ありがとうございます!)

高梨のキャラクターをばっちり掴んで下さっている置鮎さん。
殺人現場に到着した際、「ごくろうさん」など、何気ないアドリブもちょこちょこ入れて下さいます。その様子はまさに高梨そのもの!
エリートでありながら大らかな性格の高梨の人となりが表れていて、本当に格好いいです。
また、吾郎に対する優しい、心に染み入るような台詞はとっても素敵ですっ!
「ごろちゃん」「おかえり」等、蕩けるような甘〜い一言をぜひご堪能下さい。

田宮吾郎役の野島さんは、あいかわらずかわいいごろちゃんっぷりを目一杯聴かせて下さいました。
明るいエリートサラリーマンでありながら、英語が話せなかったり、どこか頼りないところがあったりと、
思わず守ってあげたいvと思わずにはいられない田宮を、野島さんが本当にかわいらしく演じて下さいます。
高梨と一緒の時はいい奥さんっぷりを滲ませて(笑)、遊佐さんの演じられる富岡の前では少し強気にと、色々な田宮の表情を見せて下さる野島さん。
また今回はなんと田宮の関西弁も登場します! 高梨もメロメロのかわいい関西弁は必聴です!

また田宮と高梨が肌を重ねるシーンは、置鮎さんと野島さんの二人きりで行われました。

置鮎さん 「別にいいのに(笑)」
野島さん 「(笑)」

気を利かせてスタジオを出られる他のキャストの皆さんに、気にしない表情のお二人。
ただいまとお帰りの口付けや、お互いを信頼し合っている様子が本当に幸せそうです。
ラブラブの二人のやりとりを聴いて、ぜひ幸せに浸って下さい!

 

そして、物語終盤の平川さん演じられる長谷川と田宮のシリアスなやりとりは、本当に鳥肌ものです!
切羽詰った状況の中で繰り広げられる、田宮が『心友』を思い涙ながらに訴えるシーンは、作中とても重要な部分になっています。
胸が震えるような野島さんの熱い演技をぜひお楽しみ下さい!

今回作中で重要な役どころとなる長谷川佳治役を演じられる平川さん。
田宮の通う英会話学校の事務員で、さわやかなキャラクターなのですが、物語が進んでいくに連れて、どんどんそのキャラクターに二面性が表れてきます。
明るく親切な事務員から、得体の知れない人物へ、そして最後に実は…と、どんどん表情を変える長谷川という役柄を見事に演じ分けて下さいました。
また回想シーンでは、幼少時代の長谷川を演じて頂いたのですが、その14歳という年齢に「大丈夫かな…」と不安そうな平川さん。
回想シーンの前に、一度テストが行われます。
平川さんのかわいい声に、先生やスタッフから「かわいい!」と思わず笑顔がこぼれます。
ですが、若く若くと意識されたことで少し幼なすぎる感じのキャラクターになってしまいました。

P 「ちょっとかわいすぎるかな。10歳くらいならまだまだいけるね(笑)」
平川さん 「あ、やりすぎましたか(笑)」
P 「もう少し力を抜いていこうか」
平川さん 「はい(笑)」

平川さんが苦労された14歳の長谷川の回想シーン、皆さんぜひお楽しみに。
そして、事件が解決した後、高梨との病室でのやりとりでは、平川さんが長谷川の心情を繊細に語って下さいました。
里見への想い、田宮への想い、そして今回の作品のテーマである『心友』という意味について。
置鮎さんの演じられる高梨の台詞から伝わってくる優しさと、それを受けて吐露される長谷川の心の内。
お二人のやりとりに耳を傾けていると、思わず目が潤んできてしまいます。
実は平川さんも、演じられながら涙ぐんでしまわれたそう。そんなお二人の熱演のおかげで、心が震えるような素敵なシーンに仕上がっています。

そして、富岡雅巳役を演じられる遊佐さん。
田宮の会社の後輩で、以前は合コンキングの異名を持つほど浮名を流していましたが、現在は田宮一筋!
富岡の明るい、軽いキャラクターを遊佐さんが生き生きと演じて下さいました。
田宮をからかいつつも想いをアプローチしたり、茶化したり。
シリアスなストーリーの中で、度々登場する富岡の軽い言い回しが、聴いているこちらの力をふっと抜かせてくれます。
さわやかでありながらも、どこか含みのある富岡は、まさに遊佐さんのはまり役。
今回は頼りになる一面や優しい一面も覗かせる富岡ですが、いつもふざけた感じの富岡が、
ふっと心の内をもらすシーンは、遊佐さんの艶っぽい演技と相まってとっても格好いいです!

 

そして、里見修一役の谷山さん。
この里見が以前起こした事件がきっかけとなり、今回の『罪な復讐』に繋がるのですが、
里見はすでに死亡してしまっているので、主に回想シーンがメインの登場となります。

プロローグの回想シーンで、平川さんが演じられる14歳の長谷川と会話する里見は20歳。
谷山さん 「14と20? 純な感じでやらないと(笑)」
平川さん 「そう。14と20(笑)」
お二人が心配されていたこのシーン、さわやかな里見は一発OKでした。

『心友』という言葉が今回の作品の重要なキーワードであり、里見の回想シーンでも印象的に繰り返し出てくるのですが、
谷山さんが里見の立場に応じて、ニュアンスを変えて演じて下さっています。
プロローグの時は田宮への想いを心に秘めつつも明るめに、エピローグでは、想いが溢れ出しそうで苦しさをこらえて。
里見の友達への優しい思い、秘めた想いの苦しさが、谷山さんの繊細な演技で痛いほど伝わってきました。

そして、世界観がリンクしている作品ということで、愁堂先生の他シリーズよりゲスト出演となった遠宮課長役の笹沼さん。
ご本人はおっとりした優しげな雰囲気の方ですが、本番に入るとぱっと表情が変わり、クールな遠宮課長を演じて下さいました。
海千山千な警察官達をまとめる、凛とした声がとても素敵です!
収録は順調に進み、本編部分の収録は無事終了となりました。

そして、皆さんお楽しみの特典CD。
ここでは、野島さん・置鮎さん・遊佐さん・太田さんがかなり飛ばしています!

太田さん 「もうやっちゃった感じで(笑)やっちゃった感じでいきます(笑)」

という言葉に偽りはなく(笑)、皆さんの弾けた演技が炸裂! 終始スタッフルームは爆笑の嵐でした。
今回は『役柄シャッフル大作戦』ということで、まさかまさかの●●×●●! 更に△△△×■■まで!
普段なら聴くことのできない驚きの組み合わせと、皆さんのノリノリの演技はここでしか聴けません!必聴ですっ!!

原作の世界観をそのままに、ファンの皆さんの期待を裏切ることのないできあがりとなったドラマCD「罪な復讐」。
6月28日発売です!皆さんお楽しみに!!

▲ 上に戻る

Copyright